【不妊】妊娠サプリは本当に効果があるの?【妊活】

6組に1組が悩む「不妊」 卵子の残存数予測と不妊治療が可能な“残り時間”

晩婚化が進む中、不妊治療に取り組むカップルは増え続けています。不妊治療をいつまで継続できるか、その目安を測る方法があります。



健康な男女が「1年間妊娠しない」と不妊

日本において不妊症の割合は増加しており、現在は6組に1組が不妊であるともいわれています。

では、どういう状態を不妊と言うのでしょうか。

日本産科婦人科学会では、「妊娠を望む健康な男女が避妊をしないで性交をしているにもかかわらず、1年間妊娠しないもの」と定義しています。

「男性に原因あり」が全体の48%

不妊症の3大原因と言われるのは、女性の排卵障害(排卵されない等)、卵管障害(卵管の閉塞・癒着等)に、男性の造精機能障害(精子が少ない、精子がない、運動率が低い等)です。

ただ、不妊症の原因には多くの要因が関わっていたり、検査をしても原因が見つからない原因不明のものもあります。

不妊の原因は女性に求められがちですが、男女別で見てみますと、「男性だけに原因がある」が24%、「男女共に原因がある」が24%。つまり、「男性に原因がある」とされるのは併せて48%あります。

35歳を越えての結婚は「生涯不妊率」が30%超

女性の場合、加齢とともに妊娠の確率は下がっていきます。ですから、晩婚化も不妊が増えている大きな要因の1つです。

厚労省の人口動態調査によると、2015年の平均初婚年齢は、男性31.1歳、女性29.4歳。

それに伴って、初産の平均年齢も6年前に30歳を越え、2015年には30.7歳になっています。

でも、「その程度なら妊娠・出産に十分間に合うのでは?」と感じるかもしれません。しかし、こんなデータがあります。
女性の結婚年齢が30歳を過ぎると、一生涯にわたって妊娠しない率「生涯不妊率」が10%を越え、35歳以降になると30%を越えています。

まずは簡単に試せる妊活サプリから

晩婚化が進む昨今、不妊・妊活は社会で支えていかなければならない重要な課題です。
妊活は非常にコストがかかるため、まずは簡単に試せるサプリからやってみてはどうでしょうか?
漢方で体温を上げ、おなかの血流を良くするだけでも女性機能は向上すると言われています。




【不妊】妊娠サプリは本当に効果があるの?【妊活】
この記事をお届けした
音速のニュース!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする