特定のアジアの国の機関紙かと思えるような新聞あるよね。

鳥越俊太郎氏「政府の言いなりになってるようなことしか書かない新聞もある」

26日、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏と、女子大生社長兼AMF代表取締役社長の椎木里佳氏が『SIMCITY BUILDIT School of Politics』の開講式に出席した。本イベントは8月21日~23日の3日間、都市開発シミュレーションゲームのスマホアプリ『シムシティ ビルドイット』を用いて学生たちが政治を学ぶというもので、この日は学生たちを招き、“若者と政治“についての対談が行われた。

「若い人たちに政治に興味を持ってほしい」と登壇した鳥越氏は「僕はもう今年で77歳です。50年後、日本の人口が4000万人は減ると予測されています。その時のことは、あなた方が答えを出さないといけない。今の政治家は、あなたたちの将来のことまで考えていないんだよ。自分たちの目の前のことで一生懸命だから。“私たちの将来のためにこうすべきだ“って言わないといけない。でも言ってない。だって若い人が政治参加してないんだから」と、詰めかけた若者たちに呼びかけた。

東京生まれ・東京育ちの椎木氏は、自分が住む自治体=東京に対し、どこか“遠い感じ“を抱いているという。

そんな椎木氏に、鳥越氏は「去年、都知事選に出ましたけど、待機児童問題も都では何も出来ないんです。補助金を出すとかはありますが、実際に保育園を作ったり、運営するのは市区町村なんです。一番住民に接している市区町村が重要」と指摘。「政治は遠い将来について決めていくものでもあるので、若者が一番影響を受ける。にもかかわらず関心がないのが現実。できれば10~30代の人、せめて6割くらいの投票率を見せてほしいなと思っています」と話した。

鳥越俊太郎氏「政府の言いなりになってるようなことしか書かない新聞もある」

 すると椎木氏が「でも、去年初めて投票所に行って思ったのは、オルゴールみたいな音楽が流れていて、お葬式会場かな?みたいな(笑)。この音楽いらないよねって思いました」と感想を漏らすと、鳥越氏が「大人は気付いてないんだよ。良かれと思ってやってるんだから。ラップかなんかを流したらいいよね」とコメント。椎木氏も「『前前前世』を流したほうがいいと思います(笑)と応じていた。

鳥越氏はジャーナリストとして気がかりなことがあるようで「行政が国民の税金を無駄遣いしてるんじゃないか。それをチェックするのが国会なんです。でも、その国会がまたかなりいい加減で、チェックしているとは言い難い。そこで“第四の権力“としてメディアがチェックをする。現実としてそうなっているかどうか別だけど。アメリカは基本的には反権力です。権力をチェックするのが役割だと思ってるから、政府の言いなりにはならないし、痛いところを突いてくる。それに比べると日本は若干ボヤボヤっとしていて、新聞によっては政府の言いなりになってるようなことしか書かない新聞もある」と苦言を呈した。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170626-00010016-abema-soci

名無しさん
で?ご自身の女性問題はどうなったんですか?
うに
ご自身の事は?
気になって気になって気になって
女性問題はどうなった?
名無しさん
政府を批判するために嘘を書くのもどうかと思いますがね。
名無しさん
自分の言う事を書いてくれる新聞は良い新聞、自分を批判する新聞は政権のいう事を書いている新聞という事でしょうか。AbemaTIMESさんもこんなつまらない記事を出すのを止めないと、信頼を失うよ。
名無しさん
それでも女子大生に手を出す鳥越俊太郎です。
名無しさん
説得力ゼロですね。
おらっと
逆に、「ペンは銃より強い」を誤解したメディアも多い。
事実をただただ伝えてほしい。
NonLogical
「政府の言いなりになってるようなことしか書かない新聞もある」
正しいご指摘です。
しかし、「反対勢力を煽る事実を捻じ曲げた記事をTopに置く
新聞」もあります。
ご自身の従軍報道経験?の謎もあるのですが・・・。
とりあえず、ガンを患われてお幸せでしたね、というのが
現在の鳥越氏に対する印象です。
ガンのおかげで番組を持てたし、その結果、
経済的問題を気にせずに高度先進医療も受けられる。
庶民には、そんなに甘くはありません。
どこで投薬を見切るか、放射線治療の入院費は・・・。
一般人の代表の顔をしながら、実際はお金持ち。
仮面をかぶっているのは、ご指摘の新聞もご自身もご同様。
七つの大罪に当てはまるのでは?
(昔は、尊敬の念がありましたが、近年のご活動を見るにつけ、
やっぱり、高年収のマスコミ人だと、幻滅しっぱなしです。
今回の記事も・・・。)
名無しさん
朝日新聞みたいに大嘘を長期的に書く新聞はアメリカにはないと思う。
冷戦の時など、ソ連を始めとしたマルクス主義陣営の応援するようなことを、朝日は書いてたんじゃない。
戦前戦後の国民世論のミスリードを朝日は反省すべき。その中にあった鳥越氏も猛反すべき。
名無しさん
以前、日本国民は「誰が首相になっても同じ」ということを自分の政治的無関心の理由として挙げていた。だが、民主党政権の後はこんな発言は聞かなくなった。首相がひどければ「同じ」ではないから。要するに、以前の国民は日本政治を信用しすぎていたのである。鳥越氏の発言も賛成で、政治的無関心の若者は政治を信用しすぎているのである。今の政治家の多くが年寄りの味方で若者の敵だと思っていないようだ。戦前戦中の日本にも言えるが、国民が騙されるのは国民が悪い。
小池都知事に迎合する今時のマスコミはひどいという意味では、鳥越氏の後半の指摘にも賛成。かなり前から日本人は対立を嫌うようになったが、その結果、マスコミがものの役に立たなくなった。ワイドショーで政治を学ぶのはやめて欲しい。
桐城山
あなたは
どこの団体の
言うなり?
名無しさん
もう出て着たのか?
かついだ民進党ですら苦虫噛むような独自路線突っ走って、貴方の意見は民意の多数ではないことが、選挙で証明されたでしょう。
名無しさん
説明責任果たしてないし、都知事選は良い経験だったとか思い出作りにされるし最低!
和風総本家
うやむやにしている過去の問題はいったいどうなった?
名無しさん
オルゴールが流れる葬儀場にも投票所にも遭遇した事がないのだが。
金鵄
都道府県の数を55と言った鳥越なんかに、日本について語ってほしくない。
名無しさん
言ったことの反対しか書かないのもあるので、いいんじゃない?笑
どっちがより信ぴょう性があるかは読む側の問題だ。
名無しさん
メディアが行政のチェック機能を果たしてほしいとは思います。でも、その機能はこのジャーナリストが言うように反政権といった主義、主張が大前提として働いているから真偽が非常に分かりにくい。
名無しさん
説得力がないよ。



特定のアジアの国の機関紙かと思えるような新聞あるよね。
この記事をお届けした
音速のニュース!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする