介護効率アップのため、施設にインカムを導入

インカム、高齢者施設で導入 介護効率アップに期待

静岡県内の高齢者施設で、職員同士の連絡にイヤホンマイク付き携帯無線機(インカム)を導入する取り組みが始まっている。職員間の連絡を速やかに行い、業務を効率化するのが狙い。職員の負担減や不安感解消にも効果があり、施設側は「働きやすい施設にし、不足する人材の確保につなげたい」と期待する。

浜松市浜北区の介護老人保健施設「きらりの森」は2016年7月、県外施設の例を参考に、インカム20台を約40万円で購入した。3階建ての施設内で働く介護士や看護師、事務職員がほぼ全員、勤務中は身に着ける。「○号室からコール。対応できますか」「排せつ対応中。着替えを持ってきてほしい」。介護や見守りで人手が必要な場合は、インカムを通じて一斉に呼び掛ける。

当初はコードなどが作業の邪魔になると違和感を訴える声もあったが、次第に「連絡がスムーズ」と好意的に受け止められるようになった。松島浩司介護士長(56)は「認知症の方を介助中に応援を呼ぶ場合など、その場を離れられない時に便利」と語る。川根敏子看護師長(59)も「これまでは大声で職員を呼んでいた。少しは静かな環境になったのでは」と入所者への配慮も強調する。

静岡市葵区の特別養護老人ホーム「竜爪園」は、16年10月から取り入れた。現場の介護職だけでなく、生活相談員も装着し、介護職員が入所者家族から質問を受けた場合にも対応する。斉藤文彦園長(48)は「介護職員はどこも取り合い。わずかでも負担を減らし、職場として選んでもらうことになれば」と願う。

県福祉指導課によると、両施設以外に県内数カ所で導入例があり、「職員の少ない夜間に、迅速な連絡が可能になるなど、効果があると聞いている」と普及を見守っている。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170425-00000012-at_s-l22


今の職場で待遇や人間関係で悩んでいる方いらっしゃいませんか?
この業界は経験者介護士の争奪戦です。良い人材は良い施設に流れていきます。
「転職したいなぁ」と漠然と悩んでいる方は転職サイトに登録だけでもしておけば
いざという時役に立ちます。
他施設の求人情報をどんどん紹介していただけるので
オススメです!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■介護・看護の業界の方必見!今の職場で満足ですか?

もっと、自分のスキルや経験をもっと試してみたいと思いませんか?

そんなアナタは業界最大手のツクイスタッフがオススメです!

>>無料サポート登録はコチラ!<<

        簡単60秒登録で全国33支店のプロのキャリアアドバイザー

がアナタの転職をガッチリサポート!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

IT・ネットサービス
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
山田社長をフォローする
音速のニュース!