Jアラートの宣伝費に4億円、それでも今回のミサイル発射感知せず。

宣伝費に4億円「Jアラート」はやっぱり今日も鳴らなかった 発射から5分で通知、は至難の業です

<政府から、お知らせします。>
2017年6月23日から7月6日まで、全国瞬時警報システム「Jアラート」のCMがテレビで放送されている。

Jアラートは、2007年から政府が展開し、地震や津波をはじめとする大規模自然災害や、テロ等武力攻撃の発生などを対象にした警報システムだ。市民が携帯電話へのエリアメールやスマホのアプリなどでも受信できる他、市町村の防災行政無線等も自動起動し、屋外スピーカーから警報が流れる(テロ等武力攻撃に対する警告の場合は、国民保護法に基づく国民保護体制の一環として「国民保護サイレン」と呼ばれる)。

内閣官房は、度重なる北朝鮮のミサイル発射問題を受けて、「弾道ミサイルが日本に落下する可能性がある場合」にもJアラートを使用する運用を追加したわけだ。それ自体は「前進」と評価できるだろうが、疑問も残る。

今回のJアラートのCMでは、弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合、<屋外にいる場合>は、<頑丈な建物や地下に避難してください>。<近くに建物がない場合>は、<物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守ってください>……などと説明している。

だが、Jアラートで伝えられる情報が、どこまで正確な、どのような内容の情報なのかが、このCMだけではまったくわからない。そもそもJアラートは、発射直後に配信されるのか? 落下地点の予測は伝えらえるのか? それはどれくらい正しいのか? 生物化学兵器を搭載したミサイルの開発も懸念される中、ただ隠れたり伏せたりして待つだけで意味があるのか?
こうした初歩的な疑問への回答がなされ、周知徹底されない限りは、実際にJアラートが鳴っても、混乱が広がるだけではないか。東京オリンピックのような大規模イベントを控えた現状から言えば、そうした会場でJアラートを受け取った人々が起こすパニックのほうが心配だ。

どんなときでも「誤報」も起こり得るわけで、警報に対する国民的なリテラシーを高める努力なしには、せっかくのJアラートも、百害あって一利なしと批判されかねない。

韓国、台湾、米国でも…世界の「防空訓練」
実は、「平和ボケ」と言われて久しい日本の外に目を向けてみると、世界の国民は日々さまざまな「防空訓練」を行っている。

お隣の韓国は、北朝鮮と接するだけに、毎月15日が「民防衛の日」とされ、防空訓練が行われている。ソウル市民は皆、防空壕に避難するので、居合わせた日本人観光客などは驚くようだ。ビルの地下はシェルターとして活用されており、化学兵器対策としてガスマスクも用意されている。

台湾海峡を挟んで大陸との緊張関係にある台湾でも、市民が参加する防空訓練が存在する。台湾台北市では年に1回、「万安演習」という訓練があり、この訓練にともなう退避避難命令に違反した者には、3万NTD以上15万NTD以下(NTD=ニュー台湾ドル、15万NTDは約55万円)の罰金が科せられるほど厳格だ。

その他、中国やハンガリーでも多くの国民が参加する防空訓練が存在し、イスラエルでは訓練に加えて、ガスマスクを国民に配布している。

歴史を振り返れば、なんと一度も本土空襲を受けたことのないアメリカでも、キューバ危機の頃までは、ニューヨークやシカゴなどの8大都市で避難訓練が実施されていた。

検証:Jアラートは本当に間に合うのか
さて、ここからは在日米軍から取材した情報を交えながら、Jアラートの有効性を検証してみよう。Jアラートが発信され、我々一般国民の目に届くまでに、弾道ミサイルの情報は、どのような道のりを経るのだろうか。

運よく北朝鮮が弾道ミサイルを発射する地点を確認出来たとしよう。アメリカの軍事衛星が上空から監視しているわけだが、北朝鮮もバカではない。晴天下ではバレる可能性が高いので、曇天を選んで発射してくると想定される。こうなると、軍事衛星からの情報の精度はかなり低くなる。サーモグラフィを使用する方法もあるだろうが、目視よりは検知が難しいのが実情だ。

そこで、米軍の「Xバンドレーダー」の出番となる。これはマイクロ波の周波数帯域を使用する弾道ミサイル早期警戒レーダーで、米軍は日本に二基配備している。一つは、青森県つがる市にある車力米軍通信所。もう一つが、京都府京丹後市の経ヶ岬米軍通信所だ。

このXバンドレーダーの性能は「極秘」とされているが、在日米軍から独自に取材した情報によると、その精度は「50km先のキャッチボールする球を感知できる」程度だという。キャッチボールをする球が通る高さは、地上2mほどだと考えていいだろう。

すると、約1600km離れた北朝鮮の発射場で打ち上げられたミサイルを、Xバンドレーダーは上空64mまで上昇した頃に初めて感知することとなる。ミサイルの速度は「2分で高度45kmに達する」とされるので、64mまで上昇するのは、まさに「あっという間」のこと。「発射を瞬時に感知する」と言っても過言ではない。

Xバンドレーダーがミサイルを検知したあとはどうなるか。実は、データを検証する仕組みが備えられている。詳細な場所は秘密となっているが、太平洋上にもう1基のXバンドレーダー(海上配備Xバンドレーダー。『サンダーバード』の秘密基地のようだ)があり、地上の2基からのデータはまず、ここに送られる。そして、さらに本国にあるアメリカミサイル防衛局に転送され、詳しく分析される。

その上で、「これは本物だ」という確信が持てた段階で、在日米軍にコールバックされるのだ。日本政府への伝達は、ようやくこのあとになる。

まず、在日米軍が防衛省に連絡。防衛省から政府関係者に送られ、内閣官房から各省庁に伝達が下りる。各省庁はJアラートの発信とともに、市町村に放送の手配を指示する……。

ミサイルが5分~10分で到達するとされる中、このバケツリレーにかかる時間は、いかほどか。ちなみに1998年のテポドン1号の発射に際しては、自治体への通達までには2時間かかったという。当時に比べれば、連絡もかなり早くなったとはいえ、発射から5分以内にJアラートを鳴らして国民に危機を知らせるのは、至難の業であることは想像に難くない。

日本はこれまで、ミサイル防衛システムに1兆5800億円、Jアラート設備費で92億円の予算を費やしているが、今回のCM放送には4億円をかけたとされる。本当に国民をミサイル攻撃から守る、実効性のある施策を行うためには、日本でも本格的な防空訓練こそが必要とされているのではないか。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170704-00052175-gendaibiz-kr

名無しさん
これから洗練されていくシステム。今まで平和ボケ&あってはならないこととして扱ってきた戦時想定を一から構築していく途中じゃないか。今この状況でもテロ集団日本共産党や死に体の社民党や夢見る日教組は戦時を考えない運動を繰り広げている。アホやと思います。
名無しさん
緊急地震速報や災害情報だって発生前に予測・通報出来たとしても、全てを救える訳ではない。理想は全てかも知れないが、1人でも多く災害や攻撃の犠牲を少なく出来ればがコンセプトのハズなのに、完璧を求めてケチを付ける…
自衛隊が有事の際、自衛隊は違憲・即時解散を求める人も救う事を使命としてる様に、Jアラートの様なシステムを開発・改善・維持してる人達はクレームを受けてもメゲずに1人でも多く救える様に頑張って欲しい。
名無しさん
何も知らされないままミサイル着弾するよりははるかにましだと思いますがね。
名無しさん
緊急地震速報の時もそうだが、空振りで鳴ったら鳴ったでいちいち文句言うマスゴミや評論家もいる。
しかしながら鳴ってなんぼの機器なので、空振りでも良いのでもっと鳴らしても良いとおもう。
風俗の予約とれなかったから日本死ね
なんでも皮肉って批判すればいいってもんじゃない
名無しさん
今の体制を批判するならこれからどうすればいいんだ?
ならJアラートもなくして何もしなくていいのかな?
そんなことはできないし、ミサイルの発射場を叩ける手段のない。気休め程度ではあるがないよりはマシと考えれない人もいるそうだな。
名無しさん
不謹慎だが今の現状では北のミサイルが着弾した後に
Jアラートが発動されると思うけど
被害を最小限にとどめる為頑張って欲しいです。
jpn
意識の改革が先じゃないですか?
名無しさん
>ちなみに1998年のテポドン1号の発射に際しては、自治体への通達までには2時間かかったという…
政府批判目的で記事を書いてない?
2016年2月7日の北朝鮮ミサイル発射から3分後に沖縄県でJアラートが鳴り響き、発射から10分後にミサイルが沖縄上空を通過してる。
直近でJアラートが鳴っている事案があるのに、わざわざ1998年の古い事案を引っ張り出して「これは無駄である」みたいな誘導は酷いね。
確かに2016年に比べれば移動発射台でミサイル発射の兆候を掴みづらく複数発射も考えられ、Jアラートから着弾まで5分も無い(最悪1分)と言われているが、無いよりあった方が良いに決まってる。
それと、「本当に必要なのは本格的な防空訓練」と結論づけているが、本当にベストなのはミサイルを撃たせない事であり、ミサイル発射設備への先制攻撃も視野に入れるべきでは?
名無しさん
批判だけしてたら仕事になるマスコミって楽な商売ですね。
名無しさん
撃たれて何分かではなく、着弾五分前に知らせる事が必要だが、無理だな。
先制攻撃しか、防ぐ手はないのではないか。
kill
何も無いよりマシでは?
mazdaSKYACTIV-GMAX
やってる所もでてきてますが
日本でも防空避難訓練が必要かも
自分の命を守る事ですしね
名無しさん
公民館も大切だけど地下に防空壕を準備したら如何でしょうか?。そして反撃の準備を何故しないのですか?
名無しさん
シェルターの設置はどうなってるの?なぜ、政府は何も動かないの?
名無しさん
鳴らして、誤報でしたで責任取らされる事を恐れているのでは?
緊張感を煽る行為とか言われそう。
名無しさん
こういう文句を言うヤツに限って、いざ自分が被害にあったら「なんで知らせてくれなかったんだ!!」と真っ先にわめき散らすんだよなぁ
国民
これも前から言っていた事
4~5分でミサイルが着弾するというのに
20分後に知らされても全く意味がない
結果を出せない事に4億も使ったなんて・・
その分国民に分けてくれた方がよっぽどましですね
まったく なにをしてるんですか 日本政府さん
的外れですよ 的はずれ
名無しさん
結局国という枠組みがあるうちは国防は必要なんですよ! 将来的には米の州になるか、中国が共産主義を辞めたら中国の州になるかでしょ!
9条を守れ~って言ってる奴等は夢物語の話ししてるのでしょ!
名無しさん
時には、「覚悟を決める」事が必要なこともありますよね。
無い方がいいですが…。



Jアラートの宣伝費に4億円、それでも今回のミサイル発射感知せず。
この記事をお届けした
音速のニュース!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする