自衛隊の緊急発進(スクランブル)って年に何回あるの?日本の戦闘機は?

みなさん航空自衛隊の戦闘機が緊急発信(スクランブル)しているって知っていますか?

そうなんです、自衛隊の戦闘機は外国の飛行機が日本の領空を侵犯したときに緊急発進しているんです。

みなさんが知らないところで、日本の空を守るために日々頑張ってくれているんですね。

この記事ではそんな日本の最後の砦、航空自衛隊について詳しく書いていきます。

自衛隊の戦闘機とは

あまり知られていないかもですが、日本も戦闘機を持っています。
しかも4種類!

F-35A、F-15、F-2A、F-4EJです。
とりあえず最新のF-35Aだけ覚えておけばOKですよ。

世界でも最新の戦闘機で、ものすごい機能がたくさん搭載されています。

自衛隊全体では各種戦闘機を1,000機程度保有しています。

スクランブルは年間で947回!

緊急発進(スクランブル)はなんと年間で947回もあります。

一日にすると大体2~3回ですね。
すごい頻度だと思いませんか?

日本への脅威は中国、ロシア、韓国、北朝鮮などなど
周辺の国々です。

万が一のときに守ってくれるのが自衛隊ですよね。

ブルーインパルスもあるぞ!

戦うだけが目的の戦闘機だけではなく、自衛隊には
ブルーインパルスというのがあります。

ブルーインパルスとは飛行機でアクロバット飛行を行う部隊で
超エリート集団なんです。

先日のコロナ渦で、医療従事者を励ますために東京上空を飛んだのも
記憶に新しいと思います。

女性自衛官も増えているよ

男の世界かと思われがちな自衛隊ですが、女性自衛官も活躍しています。

戦闘機や戦車のパイロットになる女性自衛官も年々増えており
目指す女性も多いようです。

女性目線で自衛隊が活躍する幅を増やしていってほしいですね。

まとめ

みなさんが気になる自衛隊の情報をお伝えしました。
日本の安全を守るために日夜訓練に励んでいます。

自衛隊を身近に感じるためにも、各種イベントで
直接触れ合ってみるのがオススメですよ。

コメント