ユリノミクス、小池百合子公約の実現性は限りなくゼロ

ユリノミクス「12のゼロ」実現可能性は…限りなくゼロ⁉

新たに8つ増えただけ

 10月6日、小池百合子都知事率いる「希望の党」が政権公約を発表した。いま大きな問題となっている待機児童やブラック企業をゼロにする「12のゼロ」を打ち立てたほか、現在実施している金融緩和政策を見直し、消費増税を凍結して「ポスト・アベノミクスの経済政策」を実施すると宣言している。

この経済政策を本人は「ユリノミクス」と表現したが、要するに安倍政権とは真っ向から対抗する政策を打ち上げて、政治的に与野党の色をはっきり付けるのが狙いなのだろう。だがはたして、これらの政権公約の整合性や実現可能性はどれほどあるのだろうか。

まず「12のゼロ」だが、この項目をすべて書くと(1)原発ゼロ、(2)隠ぺいゼロ、(3)企業団体献金ゼロ、(4)待機児童ゼロ、(5)受動喫煙ゼロ、(6)満員電車ゼロ、(7)ペット殺処分ゼロ、(8)フードロスゼロ、(9)ブラック企業ゼロ、(10)花粉症ゼロ、(11)移動困難者ゼロ、(12)電柱ゼロ、となる。

実は小池都知事は、昨年7月に行われた都知事選で「7つのゼロ」を公約にしていた。(1)満員電車ゼロ、(2)残業ゼロ、(3)介護離職ゼロ、(4)待機児童ゼロ、(5)ペット殺処分ゼロ、(6)都道の電柱ゼロ、(7)多摩格差ゼロだ。

(1)、(4)、(5)、(6)は今回の公約と重複している。逆に言えば、都民には加えて8つの新しい「ゼロ」が加わったことになる。

このままでは「成果ゼロ」

 小池都知事になってから1年あまりが経ったが、築地・豊洲問題は一向に進展せず、そもそも都政自体がメディアで取り上げられなくなってしまった。3年後に迫る東京五輪の進行もピッチが上がってこない。

そして、都知事選のときに掲げていた「7つのゼロ」は、目に見える成果はいまのところ出ていない。もはやこのような公約があったことを忘れている人も多いだろう。東京での先行事例を見ている限りでは、希望の党の政権公約も結局「成果ゼロ」に終わってしまうとさえ懸念される。

政権公約について、総論として様々な改革の実現を匂わせるうちは問題ないかもしれないが、「12のゼロ」のように各論にしてしまったのならば実行するしかあるまい。都政で実績があればまだ期待できるが、そうではないのが苦しいところだ。

では「ユリノミクス」はどうだろうか。「金融緩和に依存することなく」と会見の物言いは柔らかかったが、現状からすれば実質的な金融引き締めとなる。一方で財政支出は抑制的というから、つまりアベノミクスとは真逆だ。もし実行してしまえば、デフレに逆戻りしてしまう可能性がある。

アベノミクスの効果でようやく失業率が下がってきたのに、それをやめれば再び雇用環境も悪くなる。「12のゼロ」のひとつに挙げているブラック企業も、いま以上に跋扈するはずだ。

改革を標榜するニューカマー政党によくあることだが、どうしても政策スタッフの知識・経験の不十分さが各所に滲み出てしまうのである。

政策では突っ込みどころが多く、このままでは確実にボロが出る小池新党だが、それでも今回の衆院選では台風の目となっている。もし選挙で大きな成果を上げることになれば、政権公約を実現に近づけるためにもブレーンの登用や経験者を味方につけていくことが急務となるだろう。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171015-00053168-gendaibiz-pol

名無しさん
この事実はもっと多くの人に知って欲しい。
もうこの人には都知事を任せることも適切ではない。本当は辞任が適切だけど、都知事がコロコロ変わりすぎるのもよくないので、最低限、次の都知事選ではこの人は落選させなければいけない。
名無しさん
都政でその公約を実現してもらいたいものだ。8割くらい結果出せば信用される。まぁ無理だけど。
名無しさん
やれるかどうか口に出してみないと始まらない、というのは一理あるが、選挙で掲げる以上は程度問題だ。
もはや、どれだけ法螺を吹くか観察するのを目的に聞いた方がいいレベル。
名無しさん
もう小池に期待している人なんて誰もいませんよ。むしろ邪魔。
abc
実行力も、中身も、責任感も、一貫性も、説得力も、全部ゼロ。
もちろん期待値も。
名無しさん
面白いですね〜
13個目の公約、結果ゼロ〜
名無しさん
今回の12のゼロと都知事選の7つのゼロ。
どちらも、『めざします』って書いてあるのよね。
実現します、とは一言も言っていない。
有権者は騙されないようにしないと。
ほんとかな
自分で起こした、豊洲問題を解決してからにしてくれる
Liverm
小池の希望の党の希望ゼロ。小池の期待ゼロ。
小池総理の可能性ゼロ。ゼロ、、、。
名無しさん
今回の衆議院選挙は私たちにとても重大な問題を改めて提示してくれた。すなわち、小池都知事は緑の党の代表として国政に携わる事が不適格であることは既に明白であるが、築地・豊洲問題及びその他の公約としていた案件の現状を鑑みるに、そもそも小池氏には都知事としての資質と実行力が全くなかったということである。
したがって、衆院選が終わったら東京都都知事の解職請求(リコール)をすべきである。2020年の東京五輪を成功させるためには、できるだけ早い段階で、然るべき人物が東京都都知事となり、開催に向けた準備を行うべきである。東京都及び日本の未来を託せる人物は必ず存在すると信じたい。間違っても五輪開催時には、東京都都知事が緑のオバサンであってはならない。
名無しさん
公約実現ゼロは、小池さんの18番。
博打打ちだけにブラフ・ハッタリが得意なんですね。
yunu
民主党が政権を取った後で…どうなったか…
3年強の期間、日本は最悪の時代だった事を忘れたのか!
円高で、株価も今の3/1で企業もアップアップしていて、
世界との競争力も落ちて、家電業界を中心に…韓国に追い抜かれ
『韓国命』の民主党議員達だけが、喜んでいた!
風見鶏の絶望党じゃなかった…希望の党を応援していたら
二の舞になるだけだ!!
電磁天桴
小池さんの公約は誇大広告?
BPOに通報しましょう
ちょっと違うか・・・
名無しさん
1日でも早く都知事も辞めさせないと、東京都も取り返しのつかないことになる。
名無しさん
今回の衆議院選挙の隠れた目標は、「劇場型政治を終わらせる」ということだと思います。派手なスローガンを打ち上げて、国民の耳に聞こえのよい政治目標をかかげ、マスコミを使って劇的に運動や政治を展開させ、国民の耳目を引きつけ、敵を設定して、その敵をみんなで派手に叩くような展開にもっていく。そして、多数を握り、権力の頂点につく。しかし、いざ政治をやってみると、全然たいしたことはなく、ただ反対派と賛成派を足して二で割ったような玉虫色の解決だったり、あるいは、多数の横暴によって行きすぎるくらいにまで改革がなされ、あとで修正が必要になってくる。そんな振り子が、ブーンブーンと左右に激しくふれるような政治はもうご免です。
小池・劇場政治にノーです。小池にお灸をすえて反省させる、これも今回の衆院選の重大な目標だと思います。
保革共通の目標です。
名無しさん
ただのスローガンだからね!
本人もそう思ってるはず、人気取りの選挙用って事を
at*
中学の政治研究の発表かと思ってしまった。
実現も困難やけど、その前に希望の党はないでしょうね。
名無し
東京11区の自民候補の選対本部長は都議時代に外国人参政権導入に奔走した河野ゆうきだが、外国人参政権みたいなダメな政策実現されたら困る
名無しさん
次の選挙まで希望の党が存在する可能性もゼロですね。
名無しさん
小池百合子&希望の党に「期待ゼロ」



ユリノミクス、小池百合子公約の実現性は限りなくゼロ
この記事をお届けした
音速のニュース!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする