【霞が関終了か!?】ついに厚労省と内閣府で新型コロナ感染

厚労省職員と内閣官房職員が感染と厚労省

厚労省職員と内閣官房職員が感染と厚労省

厚生労働省は20日、クルーズ船で事務作業をしていた厚生労働省と内閣官房の職員それぞれ1人の感染を確認したと発表した。2人は入院している。

ネットの反応は?

ステカセキング
物凄い感染力です。
これだと、満員電車に乗っている首都圏の人間はもっと感染者が出てくるはずなんですけどね。
なぜ、まだ静かなんでしょうか。不安だけが大きくなりますね。
返信295
名無しさん
やはり船の中はグリーンとレッドの棲み分けが
ちゃんとなされていなかったってこと
岩田先生の言ってた通りだと思う
専門家が入ってると厚労相は言ってるが
DMATにしても検疫官にしても立て続けに感染していくのはいかがなものか?
船の中のグリーンゾーンが安全では無いことの裏付けではないか?
厚労相の言ってることは今イチ信用にかける
もう一度信頼出来る専門家を立てた方が良いのではないか
返信198
名無しさん
永田町も安心できなくなりましたね。
お願いですから、指定感染症じゃなくて、新型インフルエンザ特措法を適用してください。
それと、1つ気になったのは
内閣官房の方は、
基礎疾患もなく、高齢者でもないのに
すぐ検査してもらえるのですね。
私達は2時間繋がらない電話にかけ続けなくてはいけないのに…。
返信102
Thefeeling
今日になって、九州福岡での市中感染、
クルーズ船の死亡、
そして、内閣官房、厚生省事務職員の感染が判明、
今日だけで凄い衝撃的な内容ばかり。
かなり無感染者はいるし、どこにいるか、
医療体制が大丈夫なのか、不明なことばかり。
民間も使ってPCR検査すべきだし、医療期間は
テント張ったりして車で待機してもらったりして、
隔離を徹底的にするべき。
返信86
名無しさん
12日以降に乗って感染。昨日、加藤厚労相は5日以降の感染はない。だから乗客は降りても大丈夫と言っていたが、もうこれが嘘であることが判明した。
下船した人達は帰宅させるべきじゃなかった。どこかで14日隔離し検査を受けてもらうべきだった。
これではますます感染拡大していくだろう。
政府や厚労省は無能すぎる。
返信37
名無しさん
医療関係者です。報道されてないような事例がいろいろあります。政府は対策を誤りました。
これ以上、感染を広げないためにも非常事態を宣言すべきです。このままでは武漢と同じ状況になってしまいます。
返信55
名無しさん
感染した二人は37度ちょっとの発熱と鼻水程度で、咳はなし。
翌日には平熱になってる。
この人たちはクルーズ船にいたから検査で判明したが、
市中の人は、この程度なら軽い風邪と考えて普通に生活するしかないですよね。
自主的に学校や会社を休むにしても、いったいいつまで休めばいいのか。
解熱すれば大丈夫なのか、解熱後も何日かはだめなのか…
そのへん知りたいですね。
返信34
satoma526
安倍ちゃんに近い人が感染し始めたら、得意の身勝手な法解釈で、簡単に検査受けられるように規則も変わったりするんだろうね。
近日中には民間の診療所でも検査出来るようになるよ。
返信21
名無しさん
加藤厚生労働大臣
適切な管理で職員が感染していますけど。
踊る大捜査線からオマージュすると
感染は会議室で起きているんじゃない。
現場で起きているんだ!
返信27
名無しさん
政府の職員ですら感染していたというのに、今日下船した人達が最終検査の後に船内で感染していない…などと、誰が言い切れるのだろうか?
この人達は『公共交通機関』を利用して自宅へ帰されたそうだが、その帰路の途中に居合わせた人を感染させていない…という補償があるのだろうか?
数日後に、乗客の家族に発症者が出た場合は確実に巻き散らかしていたと思って間違いないだろう。
そうなれば、それは政府の責任という事も間違いない。
返信22
名無しさん
そろそろ厚生労働大臣などの閣僚が感染すればいいと思います。
そうならないと日本政府は国民のための予防策や治療などに本腰を入れないと思います。
返信3
yamato1
ウィルスの封じ込めに失敗しているどころか、むしろ増やしてるんじゃないか?隔離政策の失敗を認められないがために隠蔽体質と責任回避でまた失敗を繰り返す。これでは先の大戦の末期と一緒ではないかと心配になる。
返信1
vvffxx
30代と40代の男性職員。いずれも軽症とのことだが感染力の強さには年代は全く関係ない。先日も厚労省の事務職員の感染が判明したが船内にクリーンなゾーンがないのではたして防護服等の着用があったのかが問題だ。
返信3
名無しさん
ゾーニングができてない証ですね。
難しいことなのは理解できますが、そんな状況で沢山の乗客を下ろした判断は間違いだったとしかいえない。
返信0
名無しさん
危機管理してる事務方の現役世代がこの感染率。しかも1日で解熱してる。
全国の現役医師は年配も多い。このままだと無症状、風邪様の軽症者からの感染拡大で医療崩壊は遠からず来る。
国はぐだぐだ現場任せにしないで一刻も早く幼保、各学校を臨時休校してほしい!
仕事休めない家庭には学校運営を縮小するなり、ネット授業がまだ難しいなら家庭用ドリルを用意するなり、やる気になればどうとでもなる。国の危機意識低すぎて絶望する
返信1
言っていること、なかなか~
エアロゾル感染なら、武漢とあのクルーズの現状が理解できるな。だとすれば、満員電車や無防備を考えると、東京や大阪が武漢になることも非常に現実のこと。
日本今やるべきことは意味のない感染ルートの調査より、①検査能力をアップさせること(中国では、個人レベルの検査キットも開発されたとか)②最も力を入れるべきことは治療法を選別し、病院の周知こと。
問題が、総理、政府、国会はじめ、政治や行政に関わる人がすべていろんな意味で保身的になっているため、この事態に対応できるとは思わない。
返信4
名無しさん
公衆衛生の専門家でなく、感染症の専門家でないと岩田医師の言う通りになる。厚労省は、感染症の公衆衛生の専門家では現場は無理だと証明したのが今回の教訓。
返信1
名無しさん
厚労省の会見ライブで見てますけど
むっちゃ説明がしどろもどろで
船内の管理は機能していて
ある程度の方には機能していたが
感染が起こっているのも事実なのでそう言うこともあったのだろう
みたいな感じの・・・
ある程度の方がある程度隔離って
それって隔離って言わないと思うのですが違うのでしょうか・・・
マジで大丈夫なのでしょうか。
ごめんなさい、失敗しました。
反省します。
これからはガンガン行きます。
って言ってもらった方がいい。
間違ってなかったフリして間違ってるまま続けないで欲しい。
相変わらず伏字だらけの発表マジでやめて欲しい。
返信1
kimochiha??sai
この二人の職員は民間のホテルに宿泊していたという。
クルーズ船にウィルスを留めておくはずが、職員を通して市中に出回ったことになる。
結局は岩田医師の指摘が正しかったことになる。
厚労省や日本政府は岩田医師の指摘を否定していたのに、お粗末だね。
クルーズ船は下船して終わったかもしれないが、今後院内感染などでまた集団感染が起こるかもしれない。
今後はこんなことの無いように、すぐにマニュアル化しないと。
返信2
Xyz
岩田先生の言っていたようなひどい対応だったのか?
はたまた,しっかり対応していても感染するほど強力な感染力なのか?
どちらにしても,「感染を防げていない」事実はかわらないし,
このままの対応では,感染は防げないわけなので,市中感染とか言っているけど,
素人の私たちには,お手上げです。
さようなら。
返信1