南果歩、代替療法で抗がん剤をストップ|小林麻央と同じ主治医

南果歩 代替療法決断後押しした「小林麻央さんと同じ主治医」

「いま、ハーセプチンという抗がん剤治療をストップしています。抗ホルモン剤の投薬もストップしています。これは、俗にいう代替療法に切り替えたということです」

10月1日、乳がん啓発イベント「ピンクリボンシンポジウム2017」でそう語ったのは、南果歩(53)。その発言が論争を呼んでいる。

昨年2月に乳がんステージIとの診断を受けた南は、翌3月に手術。その後も再発を防ぐべく翌月からホルモン治療を開始し、同年7月からは冒頭の抗がん剤治療に加え放射線治療を行ってきた。

そんな彼女が標準治療をストップし、代替療法に切り替えていたと告白したのだ。具体的にはサプリメントを服用し、放射線治療後の患部にエミュー鳥のオイルを使用。“がん細胞は体温が低いところで繁殖しやすい”として代謝アップを心がけ、“がん細胞が糖質を好む”として炭水化物を控えているという。

ただし南は「標準治療というのはデータに基づいたゆるぎないものだと重々承知しています」と、あくまで個人的な決断だと強調していた。

だが会場に居合わせた医療関係者からは「彼女のいう代替療法には科学的裏付けがない。影響力のある人が発信すると、安易に同調する人が増えかねない」との声も出ている。ブレストピア宮崎病院の柏葉匡寛副院長もこう語る。

「治療方針というのは医師と患者の契約の形で始まります。副作用管理が最も重要で、患者さんが途中で投げ出してしまうことのないよう、副作用を抑える適切な支持療法と精神的支援が抗がん剤を用いる医師の腕の見せ所です。早期に治療を中止したことで、南さんが副作用の出やすい時期や期間を理解されていたのかが少し気になります」

その点、南は主治医にきちんと相談。彼女は標準治療の副作用が強く出ており、リンパ転移はない状態。それらを話し合った結果、主治医が「今の状態での決断なら決断を尊重できます」として、代替療法についての報告を条件にバックアップしてくれることになったという。

「実はこの主治医、今年6月にがんのため亡くなった小林麻央さん(享年34)の担当でもあった女性なんです。40代前半で、患者の悩みに向き合ってくれると慕われています」(医療関係者)

麻央さんはステージIVのがんに冒されながらも、昨年9月にブログを開設。初回では《素晴らしい先生との出会いに心動かされました》と告白。《がんの陰に隠れないで》と言われたことで《なりたい自分になろう》と前を向くことができたとつづっていた。

「治療方針というのは医師と患者の契約の形で始まります。副作用管理が最も重要で、患者さんが途中で投げ出してしまうことのないよう、副作用を抑える適切な支持療法と精神的支援が抗がん剤を用いる医師の腕の見せ所です。早期に治療を中止したことで、南さんが副作用の出やすい時期や期間を理解されていたのかが少し気になります」

そんな麻央さんは今年2月「水素温熱免疫療法」のクリニックに通う姿を目撃されている。同じ主治医にかかった2人は、くしくも代替療法の道を選んでいたのだ。

さまざまな治療法が世にあふれる昨今。慎重に、がん患者自身が決断していかなければならないのかもしれない。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171018-00010003-jisin-ent

名無しさん
本人がそれでいいならいいとは思うけど・・・個人的には代替療法だけに頼るのは危険だと思うようになった・・・
名無しさん
うちの母も進んだ乳ガンでした。マスメディアで叩かれていた小林麻央さんの最初にかかった先生でしたが、きちんと先生の言われるとおり手術、抗がん剤、放射線をこなし、五年間ピンピン生きています。とっても元気。
どの先生だからってことはない。みんなが納得していて、結果元気ならよい。
名無しさん
現在まさにハーセプチンとホルモン療法をしていて様々な副作用に悩んでいる最中です
この状態から開放されたいという気持ちでいっぱいな患者からすれば「やめてもいいんだ」と思ってしまう人も出るでしょう
がんの治療方法は様々あっても「がんが小さくなるかもしれない、数%再発転移が抑えられるかもしれない」というものがほとんどなので
どの治療をするのか、どの薬を選ぶのか、そして決められた量の投与を続けるのか
ということを考えたり勉強したりすると
標準治療から外れたくなる気持ちもわかります
乳がんは全身がん。難しいです。
名無しさん
お金があるほどいろんな選択肢から選ぶことができるから大変ですね。
お金がなかったら標準治療さえ受けられるかわからない。
名無しさん
ステージは低くても「ハーセプチン」を使うという事はあまり良い癌ではないので、それを止めるのは怖いですね。
その辺の事をよく理解されているのでしたらいいのですが、副作用がつらいから代替にするというのは安易すぎて怖いです。
後悔した時には麻央さんのように手遅れになってしまってはどうしようもないのでよくよく考えられた方が良いと思います。
@ 闇野 忍
>患者の悩みに向き合ってくれると慕われています
その結果、二人の患者を無意味な代替医療に向かわせている。
本当に患者思いの医師であれば心を鬼にしても標準治療を勧めると思います!
名無しさん
私の友人は、抗ガン剤の副作用が酷く抗ガン剤をやめて鍼治療をしてました。症状が段々悪くなっても、今は悪い物が出ている時期だなど言って、他の化学療法に行った時には手遅れで結果、亡くなりました。詐欺ではなく殺人だと思いました。
ちなみに、その鍼灸院は、墨田区押上の、権田鍼灸接骨院という所です。以前には、医師でもないのに診断書を書いて、しかも心不全と嘘の診断をして逮捕されてます。
名無しさん
患者本人の意思で代替治療に切り替えたのに結果悪化したり最悪亡くなった場合、
本人もしくは家族が標準治療で診てきた医師に「あの時良い面悪い面話してくれなかった。話してくれてたら標準治療のままにした。」など責任転嫁して訴えたりすることがないのであれば好きにすればいいと思う。
所詮自分の命は自分のものだし。
そもそも人体は誰一人として同じ人はいないんだから同じ治療をして助かる人ダメな人がいるものだしどっちを選んでも助かる人は助かるしダメな人はダメなんだろうと思う。
ただ、エビデンスがしっかりしていない代替治療を自分の意思で選んだのに医師が訴えられるのはおかしいと思うので医師はきちんと説明をして一筆書いてもらうなどしっかり身を守ったほうがいいと思う。
名無しさん
自分のことだから後悔ないように自分で決めたらいいと思うけど…
麻央さんは本当に後悔なかったのかな?手術したらもっと長く生きられたんじゃないだろうかと、思ってしまいます。
F91くちビーム
悔いないなら
本人次第だし、、、
名無しさん
この代替療法とかいうのは、生存率とかのデータはあるのか?
匿名希望さん
お金に余裕がある人ほど代替治療をするそうです。
この方も自分は特別だ感があるんでしょうね。プライド高そうですしね。
代替治療をするお金を出せない人、つまり一般の人は抗がん剤治療、ホルモン治療をしっかり受けるので生存率が上がるのでしょうね。
名無しさん
「麻央さん」と同じ主治医の女医というと都内K大学病院の女医の先生ですよね。
「麻央さん」と南果歩が同じ状態ではないと思うのでどうなのかわかりませんが「麻央さん」の闘病生活をブログで知っているので「代替え治療」にはまだ怖い部分があります。
……
がん治療にも、いろいろあるんですね。
自分が納得するなら、周りから大丈夫?といわれる様な治療でもいいと思う。
自分がなったら、1番治る確率が高い治療を選びたい。
胸は温存しなくていいと思っている。
40代男性
腫瘍内科医です。
最近のコレ系の記事の影響か、
代替療法が危ないと思う人が増えたような気がします。
南さんの場合、おそらくですが、
ハーセプチンという抗がん剤は、一人当たり使用量が決まってます。
例えば、10あったとして、7終わった時点で副作用が強く出てる。
あと3は後でちゃんと使うけど、その前に休憩しましょうか。
その間に代替療法で副作用の症状の緩和しましょうか。
・・・というようなことがあります。結局標準治療は行うのです。
ガンのステージにより、その3は、見送ることもあります。
副作用の辛い治療を続けて、かえってQOLを下げるより
体を楽に、やりたいことを探しますとおっしゃる方も多いです。
その場合も、それまでの治療で受けた副作用を緩和するために
代替療法と呼ばれる治療を受けることを勧めることもあります。
よそから見れば、どの段階のどの選択なのか
わかりにくいのかもしれません。
名無しさん
これだけ癌に罹患することが珍しくなくなると、それだけ治療にもバリエーションが出てきて当然だと思う。
だから、
長生きを優先する人もいれば、
それよりも、自分らしく生活することを
優先する人も居るだろうし、
価値観は、それぞれ。
自分らしく生活することを第一にとして
より辛くない代替療法を選択して
その結果、寿命が短くなることも
有りだと思う。
小林麻央さんの場合は、
子どもが二人ともまだ幼児だったから、
論争も大きくなったとも言えるかも。
南果歩さんの場合は、
息子さんも成人か、それに近いだろうから
彼女の場合は、より自分らしく…という
意味合いが強くなるのかもしれないし。
そのくらい、
癌治療、闘病は辛く大変なんだと。
早く完治できる薬が開発されることを
願うばかりです。
you
一応、癌は初期で見つかって手術もしてるよね。
再発に怯えすぎてない?
色んな事で精神的に病んでたとか言ってたけど
体より精神面大丈夫?と思う。
名無しさん
小林麻央さんのブログが始まった翌月に、母の乳がんがみつかりました。標準治療をして、現在は問題なく回復中です。
ブログを見るのは自己責任にしても、影響力のある人の闘病ブログを必要以上に世に広めるのは問題があるかと思いました。南さんとは違い、麻央さんは治療内容をはっきりとは記載されていませんでした。お亡くなりになってから、標準治療の良さが広く扱われるようになったり、臍帯血治療の不適切な問題が取り上げられましたが、それまでは違いましたので…。
スーチャーキッド
全ては運命。
本人が悪い訳でも無いし、当然だが他人も悪く無い。
やるかやらないかは本人の気持とお財布事情。
名無しさん
麻央さんと南さんではステージが違うから何とも言えないね。



南果歩、代替療法で抗がん剤をストップ|小林麻央と同じ主治医
この記事をお届けした
音速のニュース!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする