うっかりさん、ノージャンプとゴージャンプを間違え飛び降り死亡

バンジージャンプで死亡した17歳、事故の原因は「ヘタな英語」か

2015年8月、オランダ人のヴェラ・モルさん(当時17)は旅行先のスペイン・サンタンデールの橋の上から挑戦したバンジージャンプの最中、下の壁に激突し死亡した。

モルさんを担当していたインストラクターは過失致死罪に問われ、現在裁判の真っ最中だ。先日行われた公判で、安全器具を装着した後にインストラクターが言った「no jump(ジャンプしないで)」という英語を、モルさんが「now jump(さあ、飛んで)」と聞き違え、器具の調整をしないままジャンプしてしまったことが事故の原因となった可能性があることがわかったと英テレグラフ紙が伝えている。

「犠牲者が『no jump』という拙い英語を聞いて、『飛べと命令された』と誤解したということはかなりの確率であり得る」と判事は述べたという。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170627-00010009-jisin-soci

名無しさん
F1でピット作業中に発進させないように、
ピット作業員の一人が運転席の前に出してるヤツ。
何て言うんだろ。アレが必要だよね。
名無しさん
これは日常英語を使う頻度の少ない国では他人事じゃないね。
今回はもろに命にかかわる出来事だったけど、意思の疎通にズレが生じることは結構頻繁にあると思う。
例えば、相手の言ったことに同意するつもりで「Yes」と言ってしまう。相手が言った内容が否定形だと「No」じゃないと同意にならないんだけど、日本人だけじゃなくて、結構多くの国の人が「Yes」と言うのを聞くことがあるよ。
笑い話ですむような会話だったら良いけど、ビジネスや、今回のように命にかかわるようなケースでは怖いね。
名無しさん
近い発音の場合は準備出来たら肩を2回叩くとかのボディランゲージも含めた方がいいかもね。
今回みたいに聞き間違いで意味が180度変わることなんてザラに有るだろうし。
名無しさん
仮に「Nowjump」と聞き違えたのだとしても、その一言でエイヤッとジャンプしてしまう度胸はある意味すごい。自分だったら絶対に躊躇してしまう。
ただ、その度胸のせいで命を落とすことになってしまったワケだが。
名無しさん
いや、英語の技能があったとしても、あの場所に行き、
高揚したりすれば微妙なアクセントは間違える危険性がある。
二重・三重の策が必要だと思うよ。
いかないけど。
名無しさん
以前、プリーズとフリーズの聞き間違いによる銃殺事件があったな。
今回の、ノーとナウも聞き間違えそう。
英語って怖いね。
名無しさん
ボディーランゲージも加えて伝えていれば
わかったはずだけど、、、、でも勘違いだとしても飛べといわれてすぐに飛び出したこの子もすごい。
名無しさん
飛ぶとところに開閉式の柵をつければいいだけじゃないの?言葉が通じないのであれば準備出来たらゲートが開くような物を作ればと思うんだけど…。
名無しさん
前の人が準備してジャンプする所を見るのも
こういう事故があると大事なんだなと思った。
客がとぎれてたかな?
準備が整うまでは物理的に飛べないようにすれば死なずに済んだ。
名無しさん
沖縄に行ったときにハイヤーの運転手さんと話しててやたら「いや」って言う割に、話してる内容は肯定だったから何かなと思ったら英語の「yeah」だったことがある。
名無しさん
海外のそういう番組よくみるけど、NOジャンプていうかな?普通カウントダウンしたり、大丈夫?て聞いてるよ!あとジェスチャーも大切だし、準備が整うまでゲートしめるとかさ!
名無しさん
高所恐怖症の私にとっては
投身自殺の練習みたいなことは
絶対にできません
私の周囲にもバンジー経験者はいません
何が面白いのか教えて下さい
匿名希望
バンジージャンプとかスカイダイビングとか別にやる必要無いと思うんだよね
遊園地のジェットコースターみたいなアトラクションだって危ないよ
死にたく無い人はやらない方が良い
o平木直理
「準備が整わないうちに、飛べる状況だった」
ってことが、そもそもの、問題だと思うが。。。
kaminariokoshi
これはよく調べないとわからないね。
例えば、
Wearenotready.
Youcan’tjumpnow.
とか言ってて、
そのあとに
NoJump.
と言ってたりしたら、
NowJump!
と聞きちがえる可能性はあるね。
Nativespeakerでも起きうると思うけどね。
w*****
これはとても興味深い問題。
僕も人生の半分を海外で過ごし、4カ国語を勉強して解った事がある。
言葉が通じ難い情況では、やって欲しくない事は口に出さない事。 例え、前や後ろに否定語を付けても。
つまり、Jumpして欲しくなかったら、フレーズにJumpという単語を入れてはいけない。
例え、No Jump であっても、Don’t Jump であっても。
言うべき事は、Stop 或いは、Wait。
まあ、この事件の場合は、飛んではいけない情況で、飛べる状態にあったことが、そもそもの間違いだが。
名無しさん
仮に間違ってジャンプしても死亡にならない
バンジージャンプじゃないと駄目だと思います。
名無しさん
なんで間違いやすいNojumpなんて言ったの?
Don’tmoveとか juststayhere の方がいいんじゃないの?
名無しさん
まあ、業務上過失致死だな。
インストラクター個人の責任ではなく、
こういうのは会社や職場として
防止策を考えなければならないこと。
工場における労働災害に近い。
ライン作業、構内作業では
個人の努力ではなく組織的に
ミスや不良が出ないよう考える。
いわゆるカイゼンの一種(コスト削減とは異なる意味で)。
名無しさん
せめてNOじゃなくてdontを使ってたらこんな事件は起こらなかったですね。



うっかりさん、ノージャンプとゴージャンプを間違え飛び降り死亡
この記事をお届けした
音速のニュース!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする