【おかえり】漂流6年 震災で流失した岩手の漁船 沖縄の海で発見

漂流6年 震災で流失した岩手の漁船 沖縄の海で発見

東日本大震災の津波で流失した岩手県陸前高田市の漁船が、遠く離れた沖縄の海で6年ぶりに発見されました。

28日午前6時40分ごろ、沖縄県の久高島の北東およそ8キロの海上で、海上自衛艦「まつゆき」が転覆している船を発見し、中城海上保安部に通報しました。船は長さおよそ6メートルで船外機はなく、長い間漂流していたことを示すように、全体に藻がついていました。その後、海上保安部が現場で潜水調査をし、漁船登録番号を確認したところ、岩手県陸前高田市の広田湾漁協所属の漁船であることがわかりました。所有者に問い合わせると「東日本大震災の時に流された、自分の船に間違いない」と応えたということです。船は沖縄市の巡視船基地までえい航され、引き渡しの手続きがとられる予定です。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170628-00010000-ibciwatev-l03

名無しさん
こういうニュースを見ると、まだまだ震災は終わっていないと思う。
もう一度しっかりと、防災や原発について考える時期なのかも知れない。
名無しさん
この時代に6年間誰にも見つからず、海を漂い続けたのか…
そんな事もある事がびっくり
名無しさん
海流に乗って太平洋時計回りに一周してたどり着いた感じかな。
名無しさん
輸送費用も大変そうだし震災時に船の保険の支払いも
終わってるんじゃないかな?
持ち主さんの負担にならない様にして欲しいです。
名無しさん
6年も漂流していたとは驚き。
終わったようで終わってないんだね。
震災復興と記憶の火を消してはいけないと改めて思った。
名無しさん
持ち主から見たらとても大事なものだったでしょうね。
見つかってよかった。。。おかえりなさい。。。
名無しさん
今回はたまたま見つかっただけで、いまだ見つからず漂流している船もたくさんあるのでは、と思います。
名無しさん
この船も故郷に帰りたかったのかな。流石に6年も漂流したら船としては使えないかも知れないが出来れば保存してほしい
名無しさん
海は広いな大きいな
まさに歌の通り
名無しさん
又思い出しますね。
名無しさん
おかえり
名無しさん
船は多くの流された人の魂を乗せて漂流していたのかも。その船に手を合わせたくなる。合掌。
名無しさん
どうやったら沖縄に辿り着くんだ?
不思議でしょうがない。
名無しさん
戻ってきたってきっと傷んでて今更使えるようなものではないのだろうけど、未だに見つからない人がいることを思うと、船も帰りたかったのかなとか思い出して欲しかったのかなとか考えてしまう。6年もの間どこをどう漂ってたんだろう。知りようがないけれど。
全沢直樹
長旅ですね。6年も沈まないものなのかな?
名無しさん
藻がたくさん着いて使い物にはならないかもしれないけど、
「お前、生きていてくれたのか」って、所有者の人も涙が出る思いではないでしょうか。
名無しさん
凄いなぁ
一体どういうルートを漂っていたのか気になる
名無しさん
いま一度首相に問いたい。
獣医学部の新設は、被災地復旧より優先事項なのか。
名無しさん
今になって見つかる
何か意味があるのかなぁ
今一度がんばろう東北、がんばろう日本って国民の意識を向ける時期なんだと感じる
名無しさん
どういう経路で岩手沖から沖縄までいったのだろうか….
長い年月かけて
まだまだ見つからない物、人、時間かかってもなんとか見つけれるものは見つかって欲しい。
【おかえり】漂流6年 震災で流失した岩手の漁船 沖縄の海で発見
この記事をお届けした
音速のニュース!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!



シェアする

フォローする