小林麻央はなぜ精密検査と初期治療を拒否したのか・・・

小林麻央さん死去 見送られた精密検査 早期発見の大切さ示す

乳がんで亡くなった小林麻央さんが人間ドックで、「五分五分でがん」と指摘されたのは平成26年2月のことだった。

しかし再検査の結果、経過観察となり、細胞の一部を取って調べる生検は見送られた。同年10月に麻央さん自身が左乳房のしこりに気づいた。痛みを和らげる処置などが施されたが、本格的な治療には至らなかった。2年後の昨年10月、がんは「ステージ4」に進行していた。

「最初の段階で家族性の乳がんを疑うべきだった。そのときに精密検査も実施していれば…」。乳がん関連遺伝子「BRCA1」の発見者、東京医科歯科大学の三木義男教授(分子遺伝分野)がそう話すのは、麻央さんの母親も乳がんを経験しているからだ。

麻央さんはブログで、治療の過程で遺伝子検査を受けたところ「陰性だった」と報告した。しかし、「検査で調べる関連遺伝子以外にも、未解明の遺伝子も残されている。現行の検査で陰性と出ても、遺伝性の可能性は完全に否定されたわけではない」(三木教授)というのだ。

遺伝性を含めて家族性の乳がんの割合は全体の5~10%程度。決して多い比率ではない。それでも「40代以降に多発するなかで、30代で発症するケースはまず遺伝性を疑う」と別のがん研究者は話す。

麻央さんにはいくつかの治療法が試されたが、すべて後手に回った。あっという間に手術が難しい段階に進行した。診断と治療の遅れに加え、このスピードも想定外だった。

がん研有明病院乳腺外科の岩瀬拓士部長は「乳がんの大きさが2センチ以下で、リンパ節への転移がないステージ1で発見されれば、10年生存率は平均で90%前後にもなる。治療を怖がらないでほしい」と訴える。

麻央さんが闘ったのは不治の難病ではない。ただ、早期発見のチャンスを逃してしまった。「あのとき、もうひとつ病院に行けばよかった。あのとき、信じなければよかった」。麻央さんは自身のブログで、膨大な量のメッセージを発信し、適切な診断と早期治療の大切さを身をもって示した。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170624-00000088-san-hlth

名無しさん

うちの妹、医者からただの風邪と言われ、何度か通うも同じ事の繰り返し。
喉の辺りのリンパが腫れ、食事も取れなくなり、別の病院に行ったら、悪性リンパ腫。
その医師、初見でわかったし、血液検査すればわかる物らしい。
おかげで妹は、半年くらい入院しました。
どちらかと言うと、最初の病院は、施設も立派!
悪性リンパ腫と診断してくれた医師の病院は、ボロボロの町立病院。
皆さん、見た目で判断しないでね。
名無しさん
若年の乳ガンは進行が物凄く早いというのは、ガンを扱う医療従事者なら共通の認識。マンモ、エコー、触診で怪しければ、マンモトームするのは当然。何でもそうですが、初期対応を誤ると、後からそれを挽回するのはなかなか難しいもんです。
ヤブ医者は山ほどいます。大事なことは患者自身がもっと自分に厳しくなることです。気のせい、ガンじゃないと思いたくなる気持ちは分かりますが、少しでも可能性を指摘されたら精密検査を受けて下さい。さらにセカンドオピニオンも大切です。
名無しさん
良性か悪性かは五分五分だと判断したときに「念のために」という考えは欠片もなかったのだろうか?医者も患者も。
誤診してはいけないから念のため、不安だから安心したいから念のため、そういう気持ちは浮かばなかったのだろうか。
ましてや患者は有名人。患者が一般人だから誤診の確率が上がるなどとはあってはならないが、有名人の患者に対して過剰なケアがあるのが普通だと思っていた私には、ちょっと予想外。
名無しさん
なんか一番重要な所が抜けてる記事だね。
問題はその五分五分のところじゃ無いでしょ。
その後の診断で確定診断された時に勧められた外科的処置を受けずに
その他の温存療法を信じ一年以上放置してたのが最大の問題だったわけで。
名無しさん
この記事、意図的かはわからないけどかなりミスリードがある。
当方医者だけど、癌が疑われてもまだ可能性が高くなくて小さければ、経過を見ることはよくある。実際この時の医者は半年後に再検を進めていて、ここまでは一般的によくある治療の流れだ。なんでも切ろうという医者よりよほど信頼できる。
他の報道では、その後癌と判明した時に、まだ手術すれば助かる段階と言われたはず。それを拒否して1年半の間、民間療法を試されていたと聞く。
早期発見はちゃんとされていた。大切なのはそうではなくて、きちんと標準治療を受けることだ。記事はちゃんと書いてください、産経さん。
名無しさん
結局癌が確定した時点で温存療法に固執したのが誤りだったのよね。
医師には切除を勧められたが、乳房を温存したいので別の病院に変えたと・・。
若いから気持ちはわからないでもないけど、命と乳房を天秤にかけてはいけないなと思いました。でも自分がそうなった時に判断できるか難しいよね。。
Lala
五分五分でガンと診断されたら、生検するべきでしたね。まして、実母が同じガンだったのですから。何をためらって、検査を後回し後回しにしてしまったのだろうか…。旦那さんの仕事を裏で支えなくてはいけないからと、自分の体のことは後回しにしてしまったのか…。残念でなりませんね。ご冥府をお祈りいたします。
c
五分五分だったら他病院に行くべきだったな。
そして半年後にすぐに外科手術を受けるべきだった。
若いから乳房を取るのは嫌だったろうが
そうだったらこんなに早く死ぬ結果にはならなかったんじゃないかな。
名無しさん
五分五分ですねなんて医者に言われて生検するかしないかの選択肢をこちらに投げられたら、そりゃ受けない人もいるよね。早期発見のチャンスもあったのに難しいですね。残念です。
知らぬが花でんな
セカンド、サードオピニオンの重要性を感じます。
huji1taka2nasu3
この事を機に、乳ガンに限らず早期発見が一番で、今の病院に疑問があったら思いきって他の病院で診察を受けることだと思う。
高峯秀子さんはこの逆で、乳ガンと誤診されて健康な胸を切除されそうになり、石井ふく子が進めた他院で助かった。他院の医師は誤診した医師を知っていて「あの人は切りたがりだから」と言ったそうな。とんでもない話だけど、セカンドオピニオンの大切さをつくづく感じた。
名無しさん
最初に手術を受けなかったのが一番悔やまれるのでは?
えべ
小林麻央さんが亡くなったことは残念ですし、辛い事です。ただ、癌は、発見が末期でなければ、死ぬ病ではありません。麻央さんだって、生検しなくていいと言われた事は問題があると思いますが、8ヶ月後にシコリらしき物を感じて医療機関に行き癌告知された時、標準治療を選択さえしていれば、再発のリスクはあっても、こんなに早くなくなる事は無かった筈です。精密検査が見送られた事が麻央さんの死期を早めたのではなく、標準治療を選択しなかった事が死期を早めた可能性の方が高いのです。もし、癌告知をされたなら、癌を切って悪化したとか、切らなくても治るとか、放置した方が良いとか実しやかな情報が沢山溢れていますが、是非いろんな医師に意見を聞いて最善の治療を選択してほしいです。
hrkn
ママ友が今年の初めに乳がんになった。
まだ子どもが5歳だし、女としても胸を残したいけど看護師としてどう思う?と聞かれた。
本音としては転移のリスクを低くするために全摘をすすめたかったが、担当の医者も温存可能と言ったと言われ、本人が全摘は嫌だと言う思いが伝わって来たので私が意見を言うと医療従事者の意見を思って自身を意見を違ったとき辛いだろうからと否定も肯定もしなかった。迷ってるんならセカンドオピニオンだけすすめた。
結局温存にしたけど、リンパ節に転移が少し認められて全摘すればよかったとママ友に言われた。
女としても母として色々躊躇うこともある病気と思いますが、胸が無くなっても子どものそばに居れることの方が私は大切と思います。
マオさんのことも踏まえて、ボディイメージだけではなく命を優先するにはどうしたらいいか?を考えてほしいです
名無しさん
良性か悪性か判断つかなかったから半年後の再検査(おかしいから半年後の再検査をする)。だが再検査に行ったのは8カ月後で、その時点でガンと確定診断。乳房全摘を薦めたが本人・家族が拒否。約1年半、民間療法に頼ってメタ。
本人と家族の選択なのだから、自分らしく生を全う出来たのでしょう。
名無しさん
医師は温存療法のリスクをしっかりと説明しないといけない。
fukusuke
授乳中だった事も重要な要素
カリスマ セレブ母乳マッサージに真面目に通っていた気配があるが、その点をblogで触れていないのが気になった。もし見逃された期間にも継続されていたら、速い進行に大きく影響したはず。
名無しさん
その時検査しても、見つからなかった可能性もあります。進行していくがんは、すごくすごく早く進行して行く事があるのです。
毎年受ける定期検査で異常なし→1か月後に咳が止まらなくなる→肺がんがみつかる→1か月後に亡くなる。
親戚のケースです。憎むべきはがんと言う病気であって、医師を恨むのも筋違いだし、親族が自分を責めるべき事でもないと思います。もっとがんを研究し、些細な異変でも診断できるようになってほしいと思います。
名無しさん
結果的に大丈夫でかなったけど
医者から大丈夫ですと言われると信じてしまう
信じようとする自分も大きな病気だったらどうしょうと思っている時に医者からの大丈夫ですと言われると大丈夫な気がしてくる
そこで医者に大丈夫じゃないと言ったって
大丈夫というんだから逸見さんの時も同じ様な事が有りましたやっぱ運なのか?
名無しさん
今は病院にいっても結果はこうです、どうしますか?と聞かれる事が多い。患者も知識をもたないといけない。後は自分の話を聞いてくれる病院を探す事。まおさん、お疲れ様でした…。



小林麻央はなぜ精密検査と初期治療を拒否したのか・・・
この記事をお届けした
音速のニュース!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする