小林麻央、左胸に腫瘤発見したのになぜ生検を受けなかったのか・・・

小林麻央さん 左胸に腫瘤発見時に“生検”を受けなかった


乳がんで亡くなった小林麻央さん(享年34)とがんとの闘いの始まりは、2014年2月にまで遡る。夫・市川海老蔵(39才)と一緒に人間ドックを受診した麻央さんの左胸に、腫瘤が見つかったのだ。

「改めて触診と超音波検査、マンモグラフィーを受けましたが、乳腺線維腺腫という良性の腫瘤だと見受けられたようです。はっきりしない点もあり病院側は3か月後の再診をすすめたそうですが、麻央さん自身は担当医や知人から楽観視するような言葉をかけられていたこともあり、深刻にはとらえていなかったようです」(梨園関係者)

当時、麻央さんは生後11か月の長男・勸玄くん(4才)に母乳を与えていた。授乳期には乳房が張ることも多く、「乳瘤」と呼ばれる母乳貯まりがしこりのように感じられることもある。麻央さん自身、週1回母乳マッサージに通っており、乳房の状態には人一倍気を使っていた。

「授乳期にしこりができたり乳房が張って硬くなるというのは、女性にとっては常識のように思われています。ですが、妊娠中や授乳期に乳がんにかかる可能性はゼロではありません。むしろ、乳腺が発達して乳房が張ることでしこり自体を発見しにくく、気づいたときにがんが進行してしまっているケースも多々あるのです。決して“そういうものだから”という先入観を持ってはいけません」(医療関係者)

この段階で、麻央さんの体が乳がんに侵されていたかは今となっては判然としない。だが、中には担当医の「がんの見逃し」を指摘する声もある。麻央さんはこのとき、細胞を取ってがんの有無を調べる『生検』が必要かどうかを担当医に確認したが、答えは「必要ないでしょう」というものだったという。元国立がんセンター中央病院院長の土屋了介氏が解説する。

「乳がんにおいて、触診やマンモグラフィーは、『スクリーニング検査』と呼ばれるものにあたります。別名『ふるいわけ』ともいわれますが、これは“がんの疑いがあるかどうか”を見極めるもので、“がんであるかどうか”を確定させる検査ではありません。対して、『生検』は針やメスで組織の一部を切り取って顕微鏡で確認します。医療に絶対はありませんが、ほぼ間違いなく“がんかどうか”の診断が可能です」

いうなれば、麻央さんが受けたのはがん検査の前段階に過ぎなかったわけだ。土屋氏が続ける。

「現在の医療体制では、よほどの異常がある場合を除いて、生検を受けることは比較的少ないです。ですが、がんはとにかく早期発見することが肝要。早ければ早いほど治る可能性も高くなりますから、スクリーニング検査で不安があったならば、生検を受けて何かしらの結論を出すところまで対処すべきでしょう」

生検を受けなかった麻央さんはその後多忙を極め、改めて検査を受けたのは、3か月後でも半年後でもなく、人間ドックから8か月後の2014年10月だった。自宅で勸玄くんと遊んでいた麻央さんは、左胸にパチンコ玉大のしこりを見つける。左胸に芽吹いた乳がんは、すでにリンパ節にも転移していた。

「“がんの進行は若い人ほど早く、年齢を重ねた人のほうが遅い”と定説のようにいわれますが、がんの種類によってまちまちですし、個人の体質などによっても変わります。最初の段階で麻央さんの体ががんに蝕まれていたのか定かでないのではっきりしたことはいえませんが、検査が先延ばしになっていなければ、違う結果になっていた可能性もあるのではないでしょうか」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170707-00000002-pseven-ent&p=1

名無しさん
亡くなってしまった後に、タラレバ言ったところで本人はもういないのです。
もう過ぎてしまった事を記事にするのはウンザリです。今後残された家族を温かく応援してあげましょうよ。
名無しさん
医者に大丈夫と言われたら信じてしまうよね。これを教訓に命に関わる事は、心配しすぎと言われても精密検査してもらうか、セカンドオピニオンをしようと思う。
HO
ちょっと大袈裟な医者がちょうどいいのかもな…
toni
いやいや、それより半年後に再検査にくるように言われたのに、自分でしこり発見するまで病院に行かず、手術勧められたのに断り、標準治療も受けず、気功だの怪しげな民間療法やって、花咲くまで放置した1年半のがヤバイと思いますよ
麻央さんはがん患者の為にブログを始めたのなら、その辺の事をきちんとブログに書いて、弱みにつけこむ怪しい治療がたくさんあるけど、標準治療受けた方が良いって事を世間に発信すべきだったと思います
自分に都合が悪い事は書かないから、死後に色んな臆測をよんでしまうんですよ
SN
胸に腫瘍が見つかった。担当医が楽観的な事を言っても3ヶ月後の再検を勧められたら再検受ける。不安に感じたらセカンドオピニオンで生体を受ける
更には子供が居て摘出手術を勧められたら子供の為にも手術は受けると言う事を学んだ
hhtdgjy5uk88
だからといって、
なんでもかんでもブスブス刺してたら
過剰医療と言われかねない。
若さと、授乳期を考えたら
3ヶ月後再検査。
変化があれば生検の流れは
それほど間違ってはいないと思うけど・・
名無しさん
同じく子供が8ヶ月くらいの時に胸にしこりを感じて乳腺外科に診察に行った。
同じく「授乳中だからおそらく乳溜だろう」との診察で「気にする事ないけど気になるなら3ヶ月後にまた来て」と言われた。
私の場合はその後しこりは消えたので、乳溜だった。
同じく育児に忙しくあまり気にしてなかった。
しこりのほとんどは乳溜だと言うのは事実なんだろう。だから麻央さんの医者もそう言ったのだろう。
育児に忙しくまた周りの楽観視する声もあって検診に行かなかったと言うのはとても気持ちがわかる。
悔やまれるなぁ。
名無しさん
確かにタラレバかもしれないけど、これからがん検診を受ける人にとって大切な情報だと思う。
エコーでみつかった異常なら、直ちに精密検査や生検を受けた方がいい。それで何もなければ様子見、でしょ?
>。<
ご本人にとっては今さらだけど、こういう事情を教訓に他に一人でも多く助かればいいのでは?
タラレバを言っても仕方ないとの声もあるようだけど、総括的な記事と捉えれば意味もあるかも。
名無しさん
医者が必要ないって言ったとなってるけど…
本当にそういったのかな?
エビ家側からしか発信されてないから
それを信じるしかないんだけど…
こんな有名な人が患者だと
医者側も何かあったらマズイと
いつもより慎重になっても
おかしくないと思うんだけど…
本当に医者が言ったのかな?
名無しさん
私も乳がんをした者です。初めて診察してもらった時『家族に乳がんした方はいますか?』と聞かれました。叔母がそうでした。麻央さんのお母様も乳がんをしたならリスクが高いと本人も知っていたはずなのに先生はなぜそこで重要視してくれなかったのか残念です。
名無しさん
故人に対する批判めいた言い方はやめた方がいい・・・・
mather1224
20数年前、まさに同じような経験をしました。33歳の夏に自分でしこりをみつけて、総合病院の外科(当時は乳腺外科のある病院がまだ少なかったです)に。そのときは外科医から「まだ若いから大丈夫でしょう。1年前まで授乳していたのだし。まあ生検をすることもできますが必要ないでしょう」と言われました。が、元来心配性だった私は生検をお願いしました。局所麻酔で、20年前でも生検は痛くなく負担なく終わりました。でも結果はまさかの乳がん。当時5歳と2歳のこどもがおりましたし、そのときの衝撃はとても言い表せれません。あのとき「生検もできますが」の一言がなかったら今の私はいなかったかもしれません。娘には母親が若年性乳がんだったことを健康診断では必ず申告するように約束させています。早く発見すれば私のように生き延びることもできます。今、もしどうしようかと悩んでいる方は生検をうけてほしいです。
名無しさん
麻央さんの死は多くの医療関係者や若い女性の意識に一石を投じる結果になりましたね
名無しさん
自身の母親も乳癌だったのに、もしかしたらって思わなかったのかな。
そのリスクを理解していれば、次の受診が8ヶ月後なんかないよな。
忙しいは理由にならない。
半日病院に行くぐらい、麻央さんには難しい事ではないだろう。
まぁ、今更たらればだが。
おかげで世の女性の意識改革にはなったよね。
名無しさん
麻央さんのブログには、半年後に再検査と言われたけど、検査に行ったのは8ヶ月後って書いてあった気がするのですが3ヶ月?半年?どっちが本当なんだろう?
当初医師の誤診のような事が言われたけど、3ヶ月後と言われての8ヶ月後と半年後と言われての8ヶ月後では、だいぶ違う感じがするけど
名無しさん
医者がどうのこうのというより自分がちゃんと確信できるようにセカントオピニオンを受ければ良かった事、検査を遅らせてしまった事、何よりも一番大きいのは標準治療を受ければ良かった事です。ガン患者のリポーターやお母様が乳ガン経験があったのだから、ガンに対して人一倍敏感だったはずです。
popo
この記事は最初に診断した医師のミスにしたいんだろうけど、3ヶ月後に再診していれば違ったと思う。
名無しさん
医者から五分五分と言われたが自分は大丈夫な方の50%だと無根拠に思い込んでしまった、と本人が言ってたのに、なんで医者だけが悪いような書き方するかね。
あと、乳がん検査については自治体でも啓蒙しているが、あまりに早い年齢から受けることは推奨しておらず、最近、まだ対象年齢でもないのに乳がん検査に若者が殺到してるという記事もあったので、どうとでも解釈できるブログをそんなに過大評価して議論の中心に持ってくるのもどうなのかと。



小林麻央、左胸に腫瘤発見したのになぜ生検を受けなかったのか・・・
この記事をお届けした
音速のニュース!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする