安田記念はエアスピネル一点、雨だったらチャンスはあるかも

【安田記念】武エアスピネル意気軒昂!坂路51秒8

春のマイル王を決める安田記念(4日、東京競馬場、GI、芝1600メートル)に出走するエアスピネル(栗東・笹田和秀厩舎、牡4歳)の追い切りが31日、滋賀・栗東トレーニングセンターで行われた。坂路での動きは抜群で4ハロン51秒8をマークし、サンケイスポーツ調教評価は最高ランクの『S』。惜敗が続くだけに、コンビを組む武豊騎手も「早く1着がほしい」と力が入っていた。

GI取りへの執念が、力強い走りからも伝わってくる。朝一番の坂路でエアスピネルが迫力満点の動き。4ハロン51秒8の好タイムをマークして、マイル王の座を視界にとらえた。

「いい走りでしたね。今までレースの当週は、余裕を持たせる調教が多かったけど、きょうは速い時計を指示しました。予定通りですよ」

笹田調教師が納得の表情を浮かべる。シホウ(1600万下)を2馬身ほど追いかける形でスタート。軽快な走りで13秒9-12秒9-12秒4とペースを上げ、ラスト1ハロン手前では併走馬をかわす勢い。鞍上(調教助手)が気合をつけると、瞬時に呼応してラスト12秒6で1馬身の先着。5月24日の1週前に叩き出した一番時計(4ハロン50秒8)にも匹敵するパワフルな走りで、状態のよさをアピールした。

「この馬の性格なのか、レースに行って、ゴール前で気を抜くところがある。だから(調教で)苦しくさせることで、全力を出せるように仕向ければ」とトレーナーは追い切りの意図を説明した。

昨年は3冠全レースに参戦して、皐月賞4着、ダービー4着、菊花賞3着と善戦どまり。マイル路線に転じた今年も、京都金杯こそ勝ったが、近2走は3、2着と惜しい競馬が続く。そこで、最後まで集中力を持続させるために、あえてハードな調教で“スパイス”を加えた。最終追い切りで、4ハロン51秒台で登坂したのは、昨秋の菊花賞以来2度目。ハードな調教は、詰めの甘さを解消させるためだ。

2009年ウオッカ以来となる安田記念4勝目を狙う武豊騎手も、熱い思いを口にする。

「状態面はいうことがなさそう。なかなかGIに届かず、あと一歩というのが現実。ゆかりのある血統ですし、早く1着がほしいですね」。同馬の母エアメサイアにも騎乗し、2005年秋華賞を制覇。“母子GI制覇”への意欲は並々ではない。

休み明け2走目で、万全の態勢で挑む大一番。笹田調教師、武豊騎手らスタッフの思いが馬に伝わったとき、新マイル王が誕生する。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170601-00000515-sanspo-horse

名無しさん
2時間前
府中で頭から買うには決め手がもう一つで…
名無しさん
2時間前
青春真っ只中だな。
名無しさん
2時間前
雨降ればチャンスあるかも。
名無しさん
26分前
いつも一所懸命に走る健気な馬
現役で一番応援してる馬なんで頑張って欲しいです

名無しさん
2時間前
サンスポさん 「S」評価は甘すぎません?
出るけど脚元不安のロンドンに負けたらどうするの?
名無しさん
1時間前
軸には厳しいが、勝つならここしかないな
名無しさん
5時間前
エアスピネルはg1で勝ち負けするにはキレや粘りが少し足りない。来ても2着まで。
名無しさん
4時間前
天皇賞まではG1毎週馬券内に絡んでたユタカくん、その後サッパリだね〜
最近このひとの買いかた難しいわ〜〜
名無しさん
4時間前
キタサンでしたかG1勝てなくなった豊さん。がんばってほしい!



安田記念はエアスピネル一点、雨だったらチャンスはあるかも
この記事をお届けした
音速のニュース!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする