2017年夏、オススメの格安SIMキャリアはどこ?

乗り換え前に要チェック! 「格安スマホ」のデメリットと対処法

「格安スマホにすれば通信費が安い」と聞いて、格安スマホへ乗り換えることを検討しているあなた!

格安スマホは、通話料が安くなるなどのメリットだけではなく、デメリットもあるということをご存知ですか?

今回は、乗り換え前に知っておきたい格安スマホのデメリットとその対処法をご紹介します。

キャリアメールが使えず、メールが届かないことがある

docomoやau、softbankなどの大手3大キャリアでスマホを契約していた人は、@の後ろにキャリア名が入ったメールアドレスを使っていると思います。

しかし、格安スマホは、キャリアメールが使えず、Gmailなどのフリーメールを使うことになります。

もし、相手が迷惑メール対策としてパソコンからのメールを拒否する設定をしていると、Gmailなどのフリーメールから送られたメールは、はじかれて届かなくなってしまうので、要注意です。

私は、楽天モバイルの格安スマホを使っているのですが、楽天モバイルには「楽天メール」といって、@rakuten.jpのメールアドレスが使える機能があります。

「これがキャリアメール代わりに使えるかも!?」と思って期待していたのですが、実際送ってみたところ、このアドレスもパソコンからのメールとみなされて、メールフィルターではじかれてしまいました。

この場合、メール以外での連絡手段を確保しておく必要があります。

具体的には、

・ LINE
・ Facebook
・ ショートメッセージサービス(SMS)

などが使えます。

私の場合、スマホを使っている人とはLINEで、ガラケーを使っている人とはショートメッセージサービス(SMS)でやり取りをしています。

ショートメッセージサービス(SMS)では、あまり長い文章を送ることができないので、小分けにして送るようにしています。

キャリアメールと比べると不便ですが、たまにしか使わないので、そこまで困ることはないという印象です。

LINEのID検索ができない

LINEの連絡先を交換するとき、相手にIDを聞いて検索しているという人は多いのではないでしょうか?

格安スマホに乗り換えると、LINEの年齢認証ができないので、LINEのID検索ができなくなります。

解決策としては、ID検索の代わりに

・ 「QRコード」か「ふるふる」を使う

・ 自分専用のLINEURLを発行する

などの方法が挙げられます。

直接、目の前にいる相手と連絡先を交換する場合は、「QRコード」か「ふるふる」が使えます。

LINEアプリの「その他」→「友だち追加」から「QRコード」か「ふるふる」を選択することで連絡先交換が可能です。

遠方にいる人と連絡先を交換したい場合は、自分専用のLINEURLを発行する方法がおすすめです。

LINEアプリの「その他」→「友だち追加」から「招待」をタップし、招待方法をSMSまたはメールアドレスのいずれかから選択します。

そこから自分専用のURLが発行されて、メッセージとともに相手に送信できるようになります。

相手がメッセージに記載されているURLをクリックすることで友だち追加できるので、ID検索が使えなくても簡単に対処することができます。

どうしてもLINEのID検索ができないと困るという人は、LINEモバイルの格安スマホを検討してみるといいかもしれません。

LINEモバイルは、格安スマホのなかで唯一、LINEのID検索ができます。

デメリットがあっても解決策はたくさんある!

格安スマホは、かつては実店舗がなくイザというときに相談できなかったり、アフターサービスが心配という声もありましたが、最近はイオンモバイルや楽天モバイル、TONEモバイルなど対面窓口が増えてきました。

そのため、現在のデメリットと言えば、キャリアメールが使えないことと、LINEのID検索ができないことの2つぐらいです。

大手3大キャリアのスマホと比べると多少不便に感じるかもしれませんが、解決策もあるので格安スマホを使っている私自身は、そこまで困った経験がありません。

この2つのデメリットを考えてみても、格安スマホは魅力的と思ったのなら、ぜひ固定費削減のために格安スマホへの乗り換えを検討してみてください。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170611-00010003-manetatsun-life&p=2

名無しさん
6/11(日)10:15
ふるふるでしかできないのは、かえって良いです。
名無しさん
6/11(日)8:31
解決方法を自分で調べられない人は格安SIMは使わない方がいい
名無しさん
6/11(日)9:07
SMS使わなくても、Gmailでいいのでは
名無しさん
6/11(日)11:53
そもそもキャリアのショップに駆け込んだりコールセンターに電話する人は向いてない流行っているからといって簡単には移らないほうがいいんじゃない?
自分で調べられる人は別として
名無しさん
6/12(月)0:47
これを読んで、何とかなりそうだな…って人は格安SIMにしないでほしい。回線混むし苦情言うしいいことが1つもない。
こんなの読まなくても何とかするような人でないと格安SIMは薦められない。
名無しさん
6/11(日)21:17
格安スマホを使っていて困ったことはほとんどありません。ただスマホを紛失した時に代替品が無いのは困りました。
名無しさん
6/11(日)8:48
格安スマホだけど、LINEの年齢認識出来てるよ。
みかん
6/11(日)17:17
確かにgmal届かない人がいる様です。家族が困っていました。
名無しさん
6/11(日)9:11
LINEが中心の利用法ならLINEモバイルで片付く。低速高速切り替えができて低速無制限となるとmineoocnぐらいか。昼休みに遅くなることもデメリットだな。昼休みに動画見なきゃ気にならないかもだけど。
tkt
6/11(日)18:46
ドコモとUQモバイルの2台持ちですが、仮に端末が故障したとして、ドコモならば端末をドコモショップに持って行けば簡単に修理が受けられるけど、
UQのほうは、端末の他に保証書が必要だった事。
そんな事知らなかったから、ドコモと同じ感覚で、UQスマホを買った上野のUQスポットに行ったら、保証書を持っていないだけで追い返されました。
同日の夜、端末と保証書と、念のために新規申し込みの書類を持って、閉店1時間くらい前に近所のUQスポットに行って書類を書いたけど、それだけでは済まなくて、壊れたUQのスマホをドコモのスマホで撮らされたり、受付の人が故障受付センターに電話したけど、20分以上全く繋がらなくて、翌日こちら側から故障受付センターに電話したところ、不愛想で一方的で威圧的な語り口調!
正直、こちらもキレましたね。
手厚いサポートが利くドコモと、UQモバイルには、こんなにも落差がありました。
名無しさん
6/11(日)13:16
いまさら改めて書くような記事なのか?既に幾度となく書かれてきた内容だし。
名無しさん
6/11(日)9:01
ドコモの中古iPhoneにLINEモバイルのsimを組み合わせると良いと思うよ。
佐清
6/11(日)8:11
産経新聞が読めないというのもある記事はともかく、TV欄はネットより紙面の方が見やすい
名無しさん
6/13(火)15:22
こないだイオンモバイルに乗り換えたんだけど、思ってた以上に普通に使えてる。しかも安いしね。イオンスマホ(イオンモバイル)の評判&乗り換え・購入時の注意点は? ここが参考になったわ。 
2017年夏、オススメの格安SIMキャリアはどこ?
この記事をお届けした
音速のニュース!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!



シェアする

フォローする