民進党・民主党 なぜ決めたことを守れずウソばかりなのか?

なぜ民進議員は決めたことを守れないのか

野党が迷走している。民進党は10月27日の両院議員総会で、希望の党への合流方針を撤回し、前原誠司代表に代わる新代表を選ぶことになった。一方、希望の党は小池代表が国政から距離を置くことから、民進党出身者が党運営を担うという。だが、民進出身者は党が掲げる憲法改正などの方針を反故にする動きをみせている。なぜ決めたことを守れないのか――。

■本来なら「安倍1強」に対抗する力を蓄えるべき

「民進党」が10月27日、両院議員総会を開き、前原誠司代表がその冒頭のあいさつで辞任を表明した。衆院選大敗の責任だという。さらに当初方針の「希望の党」への合流は見送り、民進党の存続を決めた。

希望の党も同日、両院議員総会を開いて小池百合子代表が国政から距離を置く姿勢を示したが、共同代表の人事をめぐって二転三転した。

前回(10月29日掲載)、沙鴎一歩は「とにかく野党がだらしない」「大騒ぎをした野党の責任は大きい」と厳しく指摘し、前原氏と小池氏に焦点を絞って野党問題を論じた。

さらに民進党も希望の党も混乱が続いている。強い野党があってこそ、政治のバランスは取れる。本来なら党内の結束を固め、「安倍1強」に対抗するための力を蓄えるべきなのにそれができない。国民はいま、野党から目を離してはならない。

今回も両野党を取り上げ、その責任問題について新聞社説はどう書いているかを読み解いていきたい。

■「政治は結果責任」と前原代表

「前原代表辞意」とのタイトルを付け、その見出しで「民進はどこへ向かうつもりか」とズバリ書いているのは、10月28日付の読売新聞の社説である。

2本社説中の2番手扱いだが、なかなか読ませる社説だ。

書き出しも「解党に向かうはずが、一転、存続するという。民進党は一体どこに向かうのだろうか」と分かりやすい。

読売社説は「民進党の前原代表は両院議員総会で、衆院選での自民党大勝を受け、『政治は結果責任だ。責任を痛切に感じている』と述べ、党の方向性が決まった時点での辞任を表明した」と事実関係を書き、「安倍政権を倒すため、民進党を事実上、希望の党に合流させ、自民党に対抗できる野党勢力を結集する構想は不発に終わった。その責任を取るのは当然だ」と前原氏の責任を厳しく追及する。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171031-00023518-president-pol

名無しさん
何でも反対すれば良いと思っているからです。
名無しさん
なぜ決められないのかって簡単です。
一般国民ではなく市民と言われる一部のプロと自らの保身のためだけに動くからです。
名無しさん
筆者の産経嫌いはちょっと置いといて、そもそも決めたことを守るってのがどういうことか分かってないんじゃないの。
あとから多少想定外のことが出てきても、決めたことを実現するために知恵を出していくのが普通の組織。
民進議院は、少しでも想定外があったら、文句を言うのは権利だとすら思ってる。勘違いも甚だしいわ。
名無しさん
簡単なこと、無能だからでしょう。
それと自分が選挙で当選したいがために信条も理念も曲げるから。
名無しさん
もし安倍政権を倒せたとして、その後どうするつもりなのか?民主党時代に出来もしないことをマニフェストに書き立てて、結果どうなった?自分の当選だけを考える政治屋って、学習能力が無いってこと。
名無しさん
あれやります、これやります、頑張りますは子供でも言うし、子供は言った事を守ろうと努力はしますよね~。それ以下。努力したフリをして全て中途半端で投げ出し、矛先が自分達に向かうと与党批判に終始する。安倍さんが良いとは思わないが、あなた達に言う権利ないでしょ。政治は実績が全て。マニフェストはどこへやら。有権者も学習しなきゃね。
ラサロム
決めたことを守ることなんて考えたこともないと思うけどね。いかに議員にしがみつくか、それだけ。
名無しさん
政治家ではなく政治屋だから
名無しさん
『民進党(元民進党)は決めたことを守れない。』
このレッテルが政治家としては終わりだと思うんですけど、反省せず繰り返しますよね
名無しさん
理由は簡単
自分の身分保持
名無しさん
この沙鴎という人も本末が転倒している
野党は安倍一強を倒すために云々、と書いているが、宇宙の開闢から「安倍一強」という状況があったわけではない
与野党問わず、これまで積み重ねてきたことの結果として、安倍首相だけが強い今の状況が存在するのである
従って野党が真にやるべきは、誰かを倒すことではなくて、彼らに求められていることを堅実にやることである
政府の打ち出す政策を精査し、吟味し、賛成すべきところはもちろん賛成し、肯んじ得ない点は対案を出して議論する
繰り返し言うが、誰かの足を引っ張ることを、国民は政治家に対して決して求めていない
名無しさん
国会議員になる事、国会議員で居る事が一番大切だからね。
名無しさん
今回希望へ投票したのは自民に飽き足らずの右側の人が多かったはず。それがあの憲法改正外国人参政権反対安保法案賛成の大原則を気軽に反故にしようという連中は絶対許せない。小池さんなんとかこの連中排除しないと次は有りません。方向性をある意味ハッキリさせるために苦しいでしょうが決断しt下さい。署名が有るんでしょ?
さすらいの風来坊
希望の党への丸ごと合流、これは打倒自民党の手段としてはあながち間違ってはいない。ただ、小池さんが提示したいわゆる「踏み絵」の段階で、憲法や安保面などで自らの考えに合わない候補者はその時点で希望の党から立候補するのは止めるべきであった。
後から安保法制反対、憲法改正反対と主張するような人は信用ならないし、小池さんもそのような人をこれからでも「排除」すべきだと思う。
名無しさん
あのまま民進党から立候補しても落選するから、希望の党にしがみついただけ。立憲も無所属の会も希望の党の選挙目当てで入った議員も、また一緒になったほうがいい。希望の党に1票を入れた有権者にとっては裏切りでしかない。小池さんは都政に邁進。希望の党は少人数でもいいから、長島さんや細野さんが中心になって、保守野党を目指して欲しい。
名無しさん
風任せだから。
なんの目的もない。
ただ政治家でいたいだけの集団。
日本を良くするという発想が全く感じられない。
信念が無い。
名無しさん
そりゃ、保身が第一で、その為に主義主張も放棄する連中ですからね!



民進党・民主党 なぜ決めたことを守れずウソばかりなのか?
この記事をお届けした
音速のニュース!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする