中国と日本が戦争したらどっちがつおい?【自衛隊の軍事力】

人民解放軍に軍事だけで太刀打ちできるか

軍事費、中国はすでに日本の3倍

 国会は3月末に過去最大の2017年度予算案を参院で可決し、成立させた。安倍政権は強調しないが、予算の特徴のひとつは軍事費が伸ばされている点だ。

安倍首相は3月22日まで独仏伊ベルギーの欧州4カ国を訪問した。国内では少ない軍事増強に関する発言が目立った。

たとえば、最初の訪問国、ドイツでの首脳会談の後での記者会見で安倍首相は「10年間、毎年1%ずつ削っていた防衛費を、私が政権について以来5年間ずっと増やし続けている」と、軍事に熱心なことをアピールした。ドイツ人記者の質問に答えた。

確かに、軍拡は安倍政権の重要な特徴のひとつだが、国内で首相自身が宣伝することはあまりない。タカ派色を打ち消すことの方が支持率確保の上では上策とみているからだろう。

欧州で安倍首相が饒舌だったのは、米国が欧州に対して軍事費増強を迫っていて、関心の高い案件だからだろう。米国は欧州諸国にGDP(国内総生産)の2%まで軍事費を引きあがるよう求めている。トランプ大統領は欧州が安全保障を米国に依存しすぎていると考えており、もともと米欧間の約束だった、GDP2%支出を迫っている。

日本が在日米軍の駐留経費の7割も負担していることもあって、他国に負担を押し付けることを目指しているトランプ政権からもまだ、表立った軍事費増加を迫られてはいない。しかし、GDP2%がグローバル基準になりかねないことは欧州をみていると明らかだ。

ご存知のように、日本はGDP1%が長らく防衛費の上限とされてきている。日本の軽武装路線を象徴する数字だ。いまも防衛費はGDPの0.9%以下にとどまっており、2%に引き揚げるということは、今5兆円の防衛費を10兆円に倍増させることを意味する。

5年連続で軍事費は増加し、2017年度は0.8%の増加となっているが、自衛隊からは最大の軍事的脅威である中国と比べればかわいいものだという声が聞こえてくる。確かに中国の軍事費増加は2年連続で7%台の伸びを示している。それ以前は二桁増加が続いていた。中国の軍事費の総額は、2017年度で1兆200億元(16兆8000億円)と日本の3倍を上回る。

軍事費をすさまじい勢いで増やしていることに加え、中国は仮想敵をロシアから米国に切り替え、人民解放軍を再編している。具体的には陸軍を減らし、海軍、空軍を強化している。そのために陸軍軍人の30万人削減を決めている。これからは、太平洋が戦場だというのが人民解放軍の想定だ。

この動きは米軍と共同歩調をとるのが基本戦略の自衛隊にとっては大きな問題で、北海道の防衛力を減らし、東シナ海から台湾までの海域の防衛力強化を目指している。しかし、中国ほどドラマチックな再編はできていないのが実情だ。実際、尖閣列島周辺の空域は事実上、中国空軍の実効支配が強まっている。

陸上自衛隊は尖閣列島を奪われた場合に備えて上陸部隊を整備しているが、制空権を取られていた場合には陸海部隊だけで奪還は困難というのは軍事常識である。

状況に適格な危機感を持つ必要はあるが、軍拡に軍拡で応じようというのは無理だ。人民解放軍は中国内で発言力が強い。特に習近平政権になってからの発言力を増している。軍事が最優先になっている中国と、装備力で伍していくだけの軍事費を負担していくことなど、とうてい日本にはできない。

問題は、軍事以外の外交力を磨いていくことなのだろう。安倍政権は国内では目立たぬように軍事拡大を進めてきた。その戦術が正しいのか、じっくり議論する必要がある。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170404-00010001-socra-pol

名無しさん
2017/04/04 12:41
中国が核で…
その時アメリカは…
日本に核がないので太刀打ちできないのは明白。
名無しさん
2017/04/04 12:31
使ってる予算が違うっしょ
名無しさん
2017/04/04 13:19
そんなん当たり前じゃん.
どんなに戦力を持っていても,まともにやって何とかなるものではない.
だからこそ,多数国との同盟や協力が必要なんじゃない.
名無しさん
2017/04/04 12:41
だから集団的自衛権が必要なんだよ。米国以外はね。
戦争をしないための軍備だし。
名無しさん
2017/04/04 12:46
日本も本気で核を所有する時がきたんだよ…。
持てば抑止力になる!全てが変わる!
名無しさん
2017/04/04 12:52
九条の会のみなさん
一党独裁国家に
「話せばわかる」は通用しない
名無しさん
2017/04/04 12:41
軍事でも外交でも戦争抑止する戦略が要るのだが害務省官僚には出来ん芸か…自衛隊は余りにも縛り過ぎて身動き出来ない
名無しさん
2017/04/04 13:22
結局は核武装しかない現実
核抑止論は健在、力こそ全てである
H2ロケットの技術でミサイルを大量配備して大陸に向けるしかない
名無しさん
2017/04/04 12:43
中国は世界の覇権を求めている。 力による中国政治の支配が目的!
名無しさん
2017/04/04 12:54
この記者は、尖閣の上空の制空権は中国に取られていると言っているが、それが事実だとしたら、大変な事だと日本政府は考えなければならない!尖閣の領海は日本がまがりなりに日本が確保しているが、上空が中国に抑えられているならば、トンデモナイ事で、即対応しなければならないのに、何をしているのかな?
名無しさん
2017/04/04 12:53
ん、核を使ってもいい。空爆してもいいけど、ボロボロの日本って欲しいか?俺はいらない。中国はまるごと欲しいと思う。
名無しさん
2017/04/04 12:53
戦えば損害が出ることは確実。
しかし。放置すれば戦力差はますます開き、しかも人口侵略(今も移民の規制緩和でやられている)で、戦わずして日本は消滅。
民族が補完されるオチがつく。
日本の政治も、戦後体制下の日本人でもない政治屋が、有事国民をリードできる資格と資質を有するのかという根本的な問題もある。
今からできる手は、政治を正当な国民・民族に取り戻し、敵対国の在日を締め出し、国の守りを固めること。
今のままでは歪な国体は残り、知らないうちに国というもの自体が消え去ってしまう。
分かってほしいが、国民は馬鹿のままだ。
名無しさん
2017/04/04 12:42
最近いまさら軍拡は愚かだと思うが……
名無しさん
2017/04/04 12:39
中国人は愛国心が無い人がほとんどだ。
戦争になれば一発の核ミサイルで散り散りに逃げ出す
名無しさん
2017/04/04 13:18
中国国内の民主化勢力や弾圧自治区を味方にして挟み撃ちでどう?
ベトナム、台湾、タイ、インドネシア、オーストラリアも味方にしてね。
そんだけの根回し、早急にしといてほしい。
名無しさん
2017/04/04 12:56
中国とは人口・面積も全く違います

名無しさん
2017/04/04 12:34

中国に対抗する為だと言って戦争法を強行し、何の関係もない南スーダンに自衛隊を行かせた事はどう説明する気か。

中国がヤバイ、何をするか判らないという事は事実。強い者に虐げられない様にするには核を持て。

名無しさん
2017/04/04 13:48
尖閣上空の制空権は中国が優位に支配?
初めて聞いた話だが。笑
現代戦の航空戦は、戦闘機だけでなく地上レーダーや早期警戒機の支援、衛星情報が重要。
米軍と協調できる自衛隊が完全に有利、しかも改良型F15は性能でも優位に立つ。
それを在日米軍が支援しますから、航空戦での日本優位は現状国際常識、制海権(今は空海での面的支配)も日本が圧倒的優位。
これは中国軍部も同様の判断をしていますよ。
無論、後20年もすれば中国優位は間違いないがね。
(だから軍備強化、日米連帯強化なんだが、朝日は、、、笑)
名無しさん
2017/04/04 13:22
共産党機関紙かと思った 笑
名無しさん
2017/04/04 12:53
中国に対する一切の支援を中止して、電子部品の輸出を停止してみる?
名無しさん
2017/04/04 13:05
この記事は、軍拡をしないでCHINAの軍門に下れ!と言っているのですね?
本当にアメリカにおんぶに抱っこで甘えてきた考え方が変わっていませんね。
お馬鹿な考え方の記者です!
名無しさん
2017/04/04 13:28
何が言いたい記事か読めば読むほどわけわからん。
他の外交政策は見ずに書いた???
首相の演説も軍事の事だけ聞いた????
名無しさん
2017/04/04 13:09
今まで中国との外交でお前に何もわかってないの?本当に頭の悪いパクヨク。シーナは強権暴力しか通用しない国だ、軍事で勝てないならダメ。
名無しさん
2017/04/04 14:50
原始的な戦法が、一番怖い。
名無しさん
2017/04/04 13:03
軍拡と云わず、情勢に応じた必要最低限の備えは整えるべき。
名無しさん
2017/04/04 13:17
この記事のどこが政治的に公平なのか馬鹿にも理解出来るように教えていただきたい。
名無しさん
2017/04/04 14:07
防衛費を増やした分、国内調達や国内での技術開発に多くを割けば国内産業が潤うと思う。産業の活性化、直接雇用にもつながる。防衛力の強化は他国を刺激するとよく言われるが弱体化も他国を刺激する。巧くやればあの国も俺のもの、、、ふふふ、、、と言うところだね。
名無しさん
2017/04/04 12:53
自衛隊では3日と持たん
名無しさん
2017/04/04 14:24
1つ言えるのは、写真の「くらま」は退役しているぞ。
もう1つ、1979年の中越戦争じゃベトナム軍が人民解放軍を1ヶ月で返り討ちにしているという事実がある。
名無しさん
2017/04/04 14:19

太刀打ち出来ようが出来まいが、国を守る為、家族を守る為、チャイナを一網打尽にするしかないだろう!

名無しさん
2017/04/04 14:08
そもそも、その人民解放軍が間違ってるけどね。正しくは、人民弾圧軍。
名無しさん
2017/04/04 12:45
日本の3倍?日本は多すぎじゃない?中国は日本の12倍の人口と30倍の領土と数十の隣国があるから当然だけど、日本はなぜそんな大金額の軍費が必要なの?
名無しさん
2017/04/04 12:56
無責任な軍事論よりも論理的な交渉力こそ重要だ
頭でっかちな予算増大は頂けないが、米国傘下背中越しの平和運動では説得力が無い
名無しさん
2017/04/04 15:55
外交力を磨く?具体的にどうするのか言ってくれ!
名無しさん
2017/04/04 15:55
『制空権を取られていた場合には陸海部隊だけで奪還は困難というのは軍事常識である。』
こういう幼稚な文章を垂れ流されるのは不快だわ。自分で「奪回は
困難」という状況を自ら設定してるだけで何も語れてねぇのよ。
「せいくうけんがとられていたばあい」とか恣意的設定して得意げ
になってんじゃねぇよ。
あのね、逆なの。島嶼奪還のためには、まずは是が非でも航空優勢を
一時でも確保しなきゃどうにもならんの。それが不可能か困難か問題
ないのかどうかは、防衛省・空自しか分からんの。
名無しさん
2017/04/04 15:12
防衛費を抑えているより新装備と待遇改善のために確保していくことは
軍事に頼らないでとか寝言を言っているより前向きで有効
名無しさん
2017/04/04 14:44
ん?つまり、集団的自衛権を行使できるようにしろ。
記事はそういう解釈でいいのかな。
名無しさん
2017/04/04 13:26
軍事だけでと言うか、イージス艦や潜水艦、戦闘機をどれだけ大量に持っていても、局地的な紛争ならまだしも、国と国の本格的な戦争となれば、中国に対して日本は1%の勝ち目もない米軍は考慮せずにの話しねまず日本は核を持ってない日本が人民解放軍海軍や空軍を全滅させても、核ミサイルを東京と大阪と名古屋に落とされたら終わりそして現時点で日本に中国の核弾頭搭載の弾道ミサイルを全て防ぐ能力は到底無いそれから石油などの資源戦争するには当然石油が必要これがなきゃ艦艇も戦闘機も戦車も動かないミサイルや爆弾を製造するには鉄やその他の金属が必要石油も鉄も、日本はほぼ全量を輸入に頼っている中国には石油も鉄も豊富にある日本は南シナ海東シナ海を封鎖されたら、核で焼かれる前に、経済的に国が干上がる勝ち目は無い
名無しさん
2017/04/04 13:13
無駄な消耗でしかない軍事費は、国家エゴを捨てればもっと有効に発展できる。
名無しさん
2017/04/04 16:05
我が国が
核兵器と長距離ミサイルを開発・配備し
独自の抑止力・防衛力を整備する必要がある。
名無しさん
2017/04/04 15:45
数字だけみれば確かにそうだが、実際は在日米軍、第7艦隊を併せれば中国海軍など鎧袖一触。核兵器についても然り。さらに中国の人口は日本の十倍以上、国境線が長大で隣国は北朝鮮も含めて油断ならない国ばかりというのが現実だということをあえて忘れているようだ。
名無しさん
2017/04/04 14:32
国防は最大の社会保障。
国民は自覚した方が良い。
名無しさん
2017/04/04 13:18
>問題は、軍事以外の外交力を磨いていくことなのだろう。
何だかんだ書いておいて、一番のポイントはここだと言うこと。
軍事が外交の一環であることを考えれば、そもそもの外交力を増せばいいだけの話なのだが、残念ながら安倍晋三の外交オンチっぷりは想像を絶するものがあるから、おかしな方向に行ってしまう恐れがある。
名無しさん
2017/04/04 16:00
これだけは言える。中国が日本に勝つ方法は核しかない。通常兵器では絶対に勝てない。今の時代兵器の物量ではなく性能がものをいう
名無しさん
2017/04/04 15:54
漢民族は日本に核を落とす事など少しの決断で決めてしまいそう。アメリカは島国日本の代わりに核を落として全面核戦争なんてリスクをとるかなぁ?日本単独で中国と向き合うには核を持っ上でオバマさんの様に先制使用をしない事が最短、最安で国際社会の理解もえられると思いますが皆さんはどうですか?



中国と日本が戦争したらどっちがつおい?【自衛隊の軍事力】
この記事をお届けした
音速のニュース!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする