都会では自殺する若者が増えている

過労で心の病、最多498人=昨年度、自殺・未遂は84人―若い世代増加・厚労省

過労や仕事の強いストレスが原因でうつ病など精神障害を発症し、2016年度に労災認定された人は、前年度比26人増の498人に上ったことが30日、厚生労働省のまとめで分かった。

5年連続で400人を上回り、統計の残る1983年度以降で最多となった。

このうち過労自殺(未遂含む)は9人減の84人で、過去4番目に多かった。労災認定、自殺ともに20代以下の増加が目立ち、電通の新入社員で15年末に自ら命を絶った高橋まつりさん=当時(24)=も16年度に労災認定されている。

厚労省職業病認定対策室は「職業による精神障害が労災対象と周知されたことで、認定件数が過去最多となった。労働時間より職場での人間関係が原因となったケースが目立った」としている。

労災申請は71人増の1586人と、4年連続で最多を更新した。

労災認定を年代別に見ると、30代(136人)と40代(144人)、50代(82人)でわずかに減ったが、20代(107人)は20人増、10代(9人)で7人増だった。過労自殺も20代が14人から22人に増え、ゼロだった10代は2人いた。

認定された人の月の平均残業は、20時間未満が84人、160時間以上が52人、100時間以上120時間未満が49人など。発症要因は連続・長時間勤務など「仕事の質と量の変化」が149人と多く、いじめや上司とのトラブルといった対人関係の100人、事故・災害体験95人、仕事の失敗やノルマの30人が続いた。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170630-00000085-jij-soci

ende_chuunibyou
コメントの中に「昔の人はもっと働いていた」っていう人がいるけど、今は昔とはなにもかも変わった
昔はたしかに労働時間は長かったかもしれないが、景気が良かった事もありそう簡単にはクビになったりしないし、人並みに頑張っていれば給料も増えて将来に希望が持てた
僕は今33歳だが、22歳で新卒入社した時から給料が全く増えていない
実家暮らしなおかげでなんとか生きているが、そうでなければとっくに自殺していたかもしれない
就職する事自体も昔は今よりはるかに簡単で、僕が努めている会社の50代のセンパイなんかは飲み屋でたまたま知り合った人の紹介でこの会社に入ったとか言ってて、何十社も受けてようやく入った僕とは感覚が違いすぎて愕然としたのを覚えている
shutt
まさに今夫が過労によるうつで会社に行けなくなり1週間たちます。
しかし労災認定は諦めました。
労災というのは認定までの手続きや会社との話し合いが必要な上、弁護士まで雇うケースがあるほど認定が難しく
認定されるのは早くて半年〜1年後だと医者に言われました。
半年以上給与がないと生活が厳しいため労災は諦めました。
夫は傷害手当金(会社都合でない病気や怪我。給与の3分の2が出る)もしくは有給を取得するつもりです。

労災はあまりにハードルが高いため会社要因でうつになった人でもでも傷害手当金を申請する人がとても多いとか
このニュースでは最多といっていますが労災認定されていないうつ病の人はおそらくこの数字の何倍もいるのではないでしょうか。

名無しさん
残業が美徳のような感覚はもう古い。長く働けばそれだけ儲かるわけでもないし(多少の残業代が入るかもしれないが)
アメリカの方だと、残業=仕事が遅い・できないなどネガティブにとらわれる。そりゃそーだ。短時間で仕事を切り上げた方が効率的だしね。
あと、決して全面的に残業が悪いとは思わない。必要な残業は必ずある。ただし、その人のキャパを超えるような働き方を続けてしまうから、今回のような心の病や自殺者の増加になってしまうのでは?
いくら働いても「豊かだなぁ〜」という感覚には決してならない。
名無しさん
こんなに少ないはずないじゃん。
名無しさん
昔の人はもっと働いてたと考え
まだもっと給与が安い人だっていると考え
PCなかったころはみんな手書きだったと考え
上司たちはみんな苦労人だから敬わなきゃと考え
そうやって、自分を否定し上を敬い続けた
だが、冷静に敬う上の人を見ていると
仕事しているかと思えばソリティアしていたり
PCの使い方わからないと言われて見に行くと
じゃあやっといてと丸投げされたり
喫煙者の上司だと1~2時間喫煙室から
もどってこなかったりとやりたい放題BIGBAN
敬う上司はいなくなり、手元に残るのは手取り11万の給料
月末になると気づけば300円くらいしかない生活
こんなんしてたらそらぁ心の病にもなりますわ
名無しさん
労災認定なんて、ちょっとやそっとじゃ出ないからねぇ。
実際、過労が原因で発症して休職・退職した人は数十倍でしょ。
なんかこういうの見ると「働く」ってなんなんだろうな、って考えちゃうな。
名無しさん
氷山の一角だろ
名無しさん
働いても働いても将来の不安が付きまとう
税金はどんどん高くなるし将来年金貰えるかわからんし仕事は残業して当たり前。
休もうとすれば「昔はもっと大変だった」とかいう上司からの謎の圧力
しんどい世の中だ
名無しさん
一度レールを離れると戻りにくいってのが弊害が大きすぎる。
結果、安定して職についている人はリスクを恐れてイエスマンになりがち。
失敗すると脱落するのが怖いから管理職希望も減る。
次がないと思うからどんなに自分が限界と感じていても気づかないふりしてやりすごそうとして手遅れ。
子育て世代はレールから離れるデメリットが大きすぎて無理にでも共働きするのが主流になりつつある。
体力もキャパも人それぞれなんだから、次があるって思える社会になったら、自分なりに転職の間の期間で休めるし、無理の前に退職できるし、理不尽があったらやめてでもいいからぶつかろうってなるんじゃないかな。
それに優秀な人材ほど辞めやすいんだから、会社も人を人として扱うようになるんじゃないかな。万年募集は人件費かかるし。
名無しさん
498人!?
いや、もっといると思います。
声も挙げれずに劣悪な環境の中、大変な思いをしている方はもっといるはずです。
あと給料も安すぎ。昔はいくら残業しても、それが給料として返って来てたからモチベーションも保てたと聞いています。
それに比べたら、今の人はタダ働きみたいな感じの人が多すぎます。
いつから日本はこんな病んだ国に成り下がってしまったのだろう。



都会では自殺する若者が増えている
この記事をお届けした
音速のニュース!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする